2009年08月10日

核の傘

 広島に住んでいると、核問題には敏感になる。人類で初めて原子爆弾の被害を受けた都市に住んでいるから当たり前のことだが、義母は爆心地から直ぐ近くの河原町という所で被爆した。その河原町は1キロメートルも離れていない。もう爆心地直下である。でも義母は火傷もしていなくてとても綺麗だった。平和記念館の写真を見ていると信じられないほどである。人間運、不運では計れない物事があることが判る。さしたる後遺症もなく歳をとられたが、ここ数年は一気に病気が体をむしばんでいる。もう病名のオンパレードだ。しかし生き運があるのか、なんとか頑張っておられる。人間というのは凄いものである。義母を見ているとつくづく思う。
  あれから64年も経った。広島、長崎と式典が引き継がれ、平和の大切さを思い知らされる。オバマ大統領の「核兵器のない世界」を国家目標にする宣言で大きく世界は核兵器廃絶に傾きかけている。人類にとって大きな前進だが、日本の政府はそれに対し水をさすようなことばかり言っている。「核の傘」をアメリカに求めているという。いくら北朝鮮の核開発が問題だとしても、アメリカ議会に「核の傘」を強化してくれと言っている。被爆国として信じられない要求だといえる。「非核三原則」もなし崩しにしておきながら、この64年をどう感じて政府を張っていたのだろうか。平和のことなどまるで眼中にないようだ。「核の傘」の呪縛から解き放たれない政府は日本にはいらない。
posted by ぐんぐん at 07:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

知事は道州制に賛成!?

  大阪の橋下知事などがいずれは道州制にと言っているが、本当に良いのだろうか。今でも平成の大合併で行政のサービス低下が問題になっている。それをさらに大きくしようと言うのが今回の道州制だろう。なれば明らかに公務員は削減されるし、公共サービスは民間に委託されよう。ある意味便利になることも考えられるが、儲からないことは維持できない。過疎地域などはますます置いてきぼりをくらうであろうし、切り捨てられる。
 広島県も全国に先駆け合併を推進した。随分市町村が合併して地図を見てもシンプルになったが、これで暮らしやすくなったであろうか、はなはだ疑問である。ある程度は合併は仕方ないが、地域の特性や特徴が薄まっては寂しいことだ。
  そもそもこの道州制は財界が言い出したようである。何故財界がそのようなことを言い出すのか疑問であるが、かれらの言い出す理由は儲けしかない。日本は財界とアメリカの意向で動いていると言っても過言ではないが、地域は地域で任せて欲しいものだ。地方交付税などの縮減などを盾に地方分権をもっと真剣に考えて欲しいものである。それは道州制ではなく、真の意味の分権であろう。
  確かに日本は地方で呼ばれているが、その県県で言葉も暮らしぶりも大きく違っている。ケンミンショーという番組があるが、長い歴史に育まれた県民の営みがある。私たちはそれらから違いを知り、また認め会う。その土地土地の良さも悪さも共有するのである。それを一括りにしてほしくないものである。まして財界の意向などもってのほかである。
  A紙には国の責任を投げ出し地方に押しつける狙いと書いてあった。橋下知事の考えていることはそうではないことだと思うが、たしかにこのままの道州制に移行ではそのような責任放棄に繋がりかねない危険な制度であろう。
posted by ぐんぐん at 07:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

TVを観ていると

  TVで今回の総選挙について解説者が使う言葉に、財源はという言葉がある。自、公、民主、共産、他各党は財源を示していないと言う。こんなひっぱくした財政からどうそんな予算を引き出すのか!と言っている。ではこれまでの財政が無駄がないのであろうか、きっちりした財政をこれまで組んでいたのだろうか、はなはだ疑問だ。もう消費税を上げるしか選択肢がないとでも言いたげだ。
  そもそも赤字国債を30兆円も発行しなければ成り立たない予算のほうがよっぽどおかしいのに、そちらはほっておくのであろうか。各党が言っている国民がそれなりに暮らせるような予算はもともとあっておかしくはないものだと思う。とりたて目が点になるほど凄い予算でもない。他所の国では当たり前のものである。それをさも「これもやりますあれもやります」と言っているように聞こえるが、そうでないと暮らしが成り立たない状況に陥っているのである。
  まともにライフラインも示されていない我が国だが、解説者も評論家も判って言っているのだろうか。
予算の聖域と言われている、防衛予算も手をつければいいではないか。この際政党助成金もきっぱり廃止すれば良い。儲けているところからはしっかり税金をとれば良いのである。何も遠慮することはない。世界は累進課税なのである。
  消費税と簡単に言うけれど、3%上がっただけでも大変である。消費税はあまねく平等に見えるがそうではない。それこそ賃金格差がそのまま家計に反映する。お金持ちも貧乏人も必要な物に大差はない。貧乏人ほどますます苦しくなる。TVでも簡単に言って欲しくはない。私たちのような零細なお店はなかなか価格に転嫁はできないのである。そんな所はごまんとある。だから消費税に頼らない政党に私は1票を投ずる。
posted by ぐんぐん at 06:36| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

本当に良いのだろうか?

  自民、民主のマニフェストは薔薇色の事が書いてあるが、その根底には消費税の増税が隠れている。自民は3年後消費税増税をお願いしたいと言っているし、民主は4年間はしないと明言したが、4年後はすると言うことだ。
  色んな新聞を読んでいると、消費税20年の税収213兆円がいったい何処に行ったのだろう、と疑問に思う。3%から5%にあげ景気の上下を経験したが、20年前と比べて私たちの暮らしは全く前進していなくて、むしろ後退の有様だ。あれだけのお金を福祉に回せたらどれだけの事が出来たであろうか。しかし消費税だけで福祉予算を賄うのは危険である。それを口実にいくらでも消費税が上がってしまう。やはり真水もしっかり入れなければならない。
 しかしA紙によれば今までの消費税は法人3税の減収で消えてしまっていると書かれてある。これはもう随分前から書かれてあったが、その減収分を消費税で穴埋めしていただけだと言うのだ。それでは福祉は進まぬわけだ。ばかばかしい消費税の使われ方だ。国はむしろ景気の後退などで悪くなるばかりである。
  民主党は無駄遣いを無くすと言っているが、それは言うに及ばず当たり前のことでその後が問題だ。無駄を無くす事は財源の確保ではなく、正常にもどすことである。これまで出来なかったことが新与党になるであろう民主にできるであろうか。民主党は小泉政権時に構造改革に賛成し、このような世になるのを手助けしていたのである。しかし、政権を取れそうになると、そんなことは忘れ逆な事を言うのはどうしたものか。
  消費税のことをもっと真剣に考えてむしろ無くす位の気構えが欲しい。本当にこの税制は悪法だ!でもそれは民主党では無理か・・・・。  
posted by ぐんぐん at 09:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

今さらのマニフェスト

  やっと自民党のマニフェストが出たが、民主の向こうを張っての感をぬぐえない、何を今更だ。こんな世にしたのは誰の責任だ。失業率は5,4%と最悪で、暮らしの安心など思いもよらない。両党とも本当に責任を持って選挙公約を出したのであろうか。「選挙用と実際は違うよ」と言われそうだ。このマニフェストを読んでいたら、気分が悪くなった。だとしたらこれまでの改革は何だったのだ。自公の失政でこんな酷い国になった。反省の上に立った政策ではなく、一時しのぎの方便に聞こえてならない。
  小泉政権からこっち民営の大合唱で、巷に失業者の予備軍は増えるし、郵政だって民営化によって事情が良くなったとは到底思わない。年寄りから年金をより一層取り上げるし、年金だって若い者は掛けるのもバカらしいとまで言っている。あれだけ公的機関がいい加減なことをしていたらそう思うのも頷ける。健康保険だって年寄りは分離され汲々している。子どもだって生むのも病院が無くて困っている有様だ。
  書けばきりがないほど書けてしまう。それほど酷い状況を作っておきながら、今度は手のひらを返したような政策を発表する。厚顔無恥とはこのような事を言うのではないか。国民をバカにしているとしか思えない。
  民主党のマニフェストにしてもそうだ。なにかと言えばお金をあげると書いてある。農業政策にしても子育て支援にしてもだ。「子ども手当」にしてもお金を出さなくても、学校に行きやすい環境を整えば良いことだ。出産してお金を出すのもどうかと思う。出産費用を無料にしたらよい。
  どちらにしてもこんな世にしたのは、自公政治のせいだ。民主もかなりそれに手を貸していた。だからこの政策を読んでもにわかに信じられない。
posted by ぐんぐん at 07:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。