2009年08月10日

核の傘

 広島に住んでいると、核問題には敏感になる。人類で初めて原子爆弾の被害を受けた都市に住んでいるから当たり前のことだが、義母は爆心地から直ぐ近くの河原町という所で被爆した。その河原町は1キロメートルも離れていない。もう爆心地直下である。でも義母は火傷もしていなくてとても綺麗だった。平和記念館の写真を見ていると信じられないほどである。人間運、不運では計れない物事があることが判る。さしたる後遺症もなく歳をとられたが、ここ数年は一気に病気が体をむしばんでいる。もう病名のオンパレードだ。しかし生き運があるのか、なんとか頑張っておられる。人間というのは凄いものである。義母を見ているとつくづく思う。
  あれから64年も経った。広島、長崎と式典が引き継がれ、平和の大切さを思い知らされる。オバマ大統領の「核兵器のない世界」を国家目標にする宣言で大きく世界は核兵器廃絶に傾きかけている。人類にとって大きな前進だが、日本の政府はそれに対し水をさすようなことばかり言っている。「核の傘」をアメリカに求めているという。いくら北朝鮮の核開発が問題だとしても、アメリカ議会に「核の傘」を強化してくれと言っている。被爆国として信じられない要求だといえる。「非核三原則」もなし崩しにしておきながら、この64年をどう感じて政府を張っていたのだろうか。平和のことなどまるで眼中にないようだ。「核の傘」の呪縛から解き放たれない政府は日本にはいらない。
posted by ぐんぐん at 07:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。