2009年08月14日

もうすぐ選挙だ

  昨日、6党首が集まって短い討論会をしていた。色々工夫はしているが、いかんせん時間が短すぎる、全て尻切れトンボだ。せっかく6党首も集まったのだから3時間くらいは時間をとって見せて欲しかった。これでは各党言いたいことも言えずに終わってしまう。
  時々「朝までやっテレビ」などが長時間でマラソン放送しているが、大事な選挙だ、そんな企画をすれば良い。どこかそんなことをやるくらいのテレビ局なないものか。
  今回の選挙は今までの選挙とは違い、大切な選挙であろう。大方の予想では自公政治にNOという選択をすると思われているが、TVでの国民の声を聞いてみると「自公に変わって民主が政権を取っても大して変わらないのでは」「一回やらしてみるか」などの声がよく聞こえる。それが全ての考えとは思わないが、案外冷めた、どちらでもよいみたいな考えを持っている人が多いなと感じた。政権が変わってもどうせ大したことは期待していないような思いを持っているのだろう。
  それは今まで自民党がそんな政治を繰り返して来た結果、現れだろう。生活がこんなに以前と比べ苦しくなり、生きにくくなっているのはどう考えても政治のせいだ。我々が悪いのではないと思う。この選挙の先にあるものが一番大切だと思う。自公、民主が言うようなお金をばらまくのではなく、生活を応援しようとする政策が大切なのではないのか。生活に困っている所こそ支援すれば良いので、一律に給付給付とばらまくのはどうかと思う。国民が不審に思う天下り法人などは徹底的に無くすべきで、それさえも今まで与党はしてこなかった。だのに今そのようなことを言ったって信用できない。病院にも満足に行かれない国がなんで先進国であろうか。そんな根本問題を解決しないで、高速道路を無料とか言わないでほしいものだ。
  今まで自公政治の転換を言ってきたが、それが現実のものとする日が近づいているが、本当の意味での改革はその後以降である。単なるばらまきではなく、聖域と言われるところにメスを入れて欲しい。それが出来る党でないと信用できない。国民のことを一番に考えた政治を志向している、そのような政党を選択しようと思う。
posted by ぐんぐん at 06:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。