2009年08月16日

終戦記念日番組を見て

  昨日は終戦記念日だった。TVでも人気者を司会者に据えたり、著名人をゲストやコメンテーターに迎えて戦争を向き合っている番組を観た。それなりに番組は成功しているのだが、戦争を知らない人たちが大方を占めるようになった今、戦争の愚かさを、悲惨さを訴えることが中心に置かれていたような気がする。
  若い人が多くなればなるほどそうした事が中心になるのも無理もなかろうと言うものだが、戦争自体の悲惨さや愚かさを訴えることは勿論必要であろう。そのことさえも知らない若者が大半だからである。しかし、あの戦争がどうして行われたのか、中国の奥地まで何故日本人がいたのか、また南洋の島々で日本軍は何をしていたのかを伝えないと折角の戦争を問いかける事にはならないと思う。戦争の悲惨さは知っても、戦争に至る糸口は現在でもいくらでもあるからである。そこをちゃんと押さえないと、戦争で亡くなった人たちの意味が問われなくなるのではないか・・・。「あれは聖戦だった」「死んだ人がいるから今の日本がある」とか何だかその戦争が当然視されたり、軍神だと言われたりする。それこそ、戦争という本質が歪められたりするのではないかと思う。
  悲惨な戦争は何故起きたのか、また何故したのかを伝える事は大切な事ではないだろうか。無論、戦争を知らない若者達に戦争を知ってもらうことは一番必要であるが、私は番組を見ていてある種の不満と危うさも覚えたのある。そう思う方が偏向なのであろうか。
posted by ぐんぐん at 18:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。