2009年08月21日

社会保障を・・・

  今度の選挙、私の盛大の関心事はやはり社会保障だ。日本に生まれ暮らし、歳をとる。そして一番の大切な晩節を惨めな暮らしが待っているとすれば、こんな悲しい事はない。そうならないように普段から老後のために貯蓄をしていれば良いと言うが、そんな景気の良いことは私の人生に無かったと思う。
  それは私の自己責任かもしれないが、それなりに真面目にやってきたつもりだが、いかんせんお金には縁がなかった。仕方がないと言えばそれまでだが、その老後は間違いなくやってくる。
  今年の初めだったか、貰える年金を調べてもらったが悲しい結果だった。私は数年サラリーマンをしてほとんど国民年金だが。国民年金の満額は6万6000円だが、それとほとんど変わりがない。日本の国はそれで人が暮らしていけると考えているのだろうか。それは後は自己責任と言わればそれまでだが、10年後は生活できない人が巷に溢れるだろう。今でも生活は暮らしにくくなり、医療もまともに受けられなくなっている。このままで良いわけがないではないか。
  自公はちょっと前まで、日本の年金は「100年安心」と言っていた。これでなんで安心だろうか。A紙を読んでいると、日本に無年金者が100万人以上も存在していると書いてあった。今の若者は多くがその予備軍だ。また25年以上保険料を納付しないと、少しでも足らないと年金は受給できない。。こんな過酷なシステムは諸外国にはないとあった、酷いものである。肝心の社保庁はずさんな管理で全く信用ならない。せめて無年金でも暮らしが成り立つような制度を作って欲しいものである。でないと無惨な世界が待っているようで不安でならない。
posted by ぐんぐん at 07:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。