2009年08月24日

弱いわけだ!

  昨日、A紙を読んでいたら、スポーツ欄に「貧困日本のスポーツ予算」と書かれてあった。まさにお粗末でスポーツ年間予算では158億円(学校体育予算は除く)で、イギリス279億円、フランス600億円、オーストラリア190億円、お隣の韓国でも130億円とある。こうみればそこそこの予算だと言えるが、GDPから比較するとフランス、オーストラリアの6,7分の1という。韓国でも日本の2.8倍だ。オリンピックの年間強化費はもっとお粗末で日本は23億円、韓国65億円、イギリス118億円、アメリカは165億円も予算が組んである。これじゃまるで勝てる訳がない。「これじゃたたかえない」と競技団体の役員が言うのも頷ける。
  今、世界陸上がベルリンで行われているが、期待するほうが間違いだと判る。何もお金を出せば勝てるとは言わないが、スポーツに対する思想性から日本は間違っている。昔の国威発揚の精神を今でも持ち続け、根性とか精神論で物事をかたづけてしまう。スポーツの発達は人間性を豊かにするとA紙には書かれてある。まったくその通りだと思う。
 オリンピックで日本の選手がへまをしようものなら、自宅に嫌がらせや暴言を吐いたりすることをよく聞く。それが日本のある一面のスポーツに対する国民の思いではないかと思う。スポーツに対する心の貧困の現れだろう。オリンピックでの選手の活躍がスポーツの底上げに通じ、スポーツに対する社会的位置づけも上がってくると思う。
  今の日本は何でも企業頼みで企業の業績でクラブチームの存続も決まっている。もうそれが何十年も続いています。これじゃオリンピックで勝てるわけがありません。GDPから見た予算が本当のスポーツに対する考えだと思う。政治がお粗末だからスポーツも弱いのだ。A紙を読めば日本の基本的姿勢がよく判る。
posted by ぐんぐん at 07:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。