2009年09月27日

「核なき世界」

  国連で「核なき世界」の安保理決議が全会一致で採択された。何という素晴らしき出来事であろうか。2年前では考えられなかったことだ。
  しかし色んな論説を読んでいると、核のない世界はどのような世界なのかが、どうも想像できないようだ。ある論説では核がないというのは第2次世界大戦以前の武力に戻ることだと書かれてあった。この核のないと言うことは武器の優劣を競うことではないはずだ。武器の究極である核兵器がどれだけ危険で、人類に害を与え、また滅ぼすものであるか、それをちゃんと認識すべきである。それは兵器としての価値ではなく、それに乗かっている「核抑止論」や「核の傘」など人類の存亡にかかる問題だと思う。それは取りも直さず、戦争、紛争の回避、無くすることを意味するのだと思う。単なる核軍縮、不拡散、だけを論ずるのではなく、愚かな兵器を開発、維持することの愚かさ、浪費を無くすることだと言える。
  世界中に2万3000発の核弾頭があるという。どれだけ人類を殺せばよいのか、それは人類を幾度殺しても余りある。核を無くするという意味は、地球上から戦争を無くするということだ。戦争を回避するのは核ではなく、人類の知恵だと言える。愚かな抑止論や傘で戦争は回避しているのではない。核があるからそういう理論が成り立つと思うのである。人の殺し合いを核は無くしてはくれない。実際今使用しているのは核ではない兵器だが、21世紀にも経ってまだそんな愚かな行為を続けている。そんな経験は日本は太平洋戦争でまっぴらのはずだが、その手伝いを間接的だがアメリカにしている。それも現政権で終わりにしたいものだ。
  なにはともあれ、国連がやっとまた機能しだしたというこだと思う。
posted by ぐんぐん at 06:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

当たり前だろ!と言いたいが・・・・。

  プロ野球もセリーグのペナントはジャイアンツに決まった。あの戦力をみれば当然の結果だろう。久し振りの3連覇らしいが、今までの巨大戦力を持っていた巨人でもなかなか出来なかった3連覇だ。昨年鶴ひろのブログで原監督は名将になるだろうと書いたが、どうやらその道を進み始めた。春のクラシックベースボールでも優勝したように、実績も着実に積み重ねている。言動も実に堂々として、言葉に虚飾がなく好印象を持つ。確かに巨大戦力を采配するには難しいことも多々あるだろうが、素直に祝う気分にはなれない。多分にやっかみも入っているが、潜在的な戦力はやはり一番だ。
  私が幼いときは王、長嶋がいた。そしてその後なかなか連覇出来ない時期が続き、年々違うチームが優勝した。やはり野球はバランスだとつくづく思ったものだ。そして巨人が連覇出来なくて「ざまあみろ」と思っていた。
  その巨人は昨年から知らない若い力が出てきたようだが、そのバランスがとても良かったのであろう。これは原監督の真の力量だと思う。ベテランと若手のコラボが上手く機能していて、観ていて若手が良く働くなぁと感心していた。勝って当たり前だと思って書いているが、書くにつれ、原監督の力量が頭をもたげてきて、「当たり前だろ」と書くつもりがやはり采配も良かったと思うようになってきた。しかしいくら控えめにみても巨人の層は何処までも厚かったと思わざるをえない。私の応援するカープとはえらい差である。この一言で全てを表していると思う。力量とは単なる力ではなく、奥深い潜在的で、先輩達が築きあげた伝統のようなものも含まれた積み重ねのことを言うのであろう。今回の3連覇はカープにはない重みを感じることができた。
posted by ぐんぐん at 07:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

八ツ場ダム建設中止に思う

  八ツ場ダムがもめている。そりゃもめるであろう、計画から60年やっと住民もしぶしぶ納得して、これから新しい替え地をもらい新たな気持ちでやり直す矢先に建設中止だと、やり場のない怒りがこみ上げてくるのは当たり前だと思う。しかし報道やいきさつを聞くと計画から60年、2度の計画変更、そのものの目的からの変更や関係各県の立場など、どう処理してよいか迷うほどの問題が山積のダムのようだ。そして日本一高額なダムだ。
  ただ、住民が怒っているのは前原国交省大臣の最初から中止ありきの態度が気にいらないようだ。そりゃそうだ、地域住民は国策や環境やその時々の時勢やまた反対運動によってここまで建設が引き延ばされてきた。住民の態度も判らぬ訳でもない。もっと前原国交省大臣は慎重に発言すべきだあった。
  今年のゴールデンウイークに三次市の灰塚ダムを訪れたことがあった。そのダムを散策していたら、モニュメントが作られてあった。そこにはダム賛成と反対のそれぞれの活動が刻まれていた。このダムも計画は昭和40年に予備調査が計画され、早速ダム反対同盟が結成された。地元住民との対話がおよそ20年にわたって続けられ現地調査がやっと認められたそうだ。それから平成16年にやっとダムが完成した。実に計画からこれも40年近く経っていることになる。それだけダムの建設は双方にとって大変な事業である。
  住民の気持ちを考えると、いくらマニフェストに書かれてあるとしても、軽々に口に発するべき事項ではないと言える。国民の立場に立つのなら、党の立場で発言するのではなく、住民の気持ちになって対処して欲しい。それに今までに費やしたお金を無駄にして欲しくない対応をしてもらいたいものだ。
posted by ぐんぐん at 16:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

何事も反動はつきものだ

 アメリカでもオバマ大統領に対する反動攻勢が強まっている。このたびの金融危機の引き金になったデタラメな金融暴走も規制が強まらないことをよいことに、また暴走をし始めている。1年も経たないうちに、また過ちを繰り返そうとしている。どの社会でも一緒だが、物事規制がないと好き勝手にしてしまう。これは人間の性かも知れないが、人間の欲望は際限がないものであるようだ。
  また長年の懸案であった国民健康保険の創設問題だが、これも保険会社の反発にあい、なかなか前に進まない。何事もスムーズに行かないようである。一つ何かしようとすると、その反発は必ずあるようだ。それはたぶん権力がそれらの勢力と結びついているからであろう。お金が集まるところに権力は自然に集まり、集中する。それらに都合の良い法律を作り、甘い汁を吸って大きくなっていく。その構図が今のアメリカであり、日本の姿だと思う。いくらオバマ大統領が大きく訴えても簡単にはその溝は埋まらない。やれ社会主義化だとかとか言って、世論を煽っていく。また米国民の社会化の意味も知らずに敏感に共産化とか社会化という言葉に反応している。もう擦り込みと言ってよいほどの拒否反応だ。だからそう事ははかどらない。
  日本も同じだと思う。この10年間で多くの問題を抱えた。新政権が何かしようとするとその反動は必ず起きる。今度提案している温室ガス削減でも一番の反動勢力は財界であろう。しかしそれを説得しないと事は運ばない。
  目標だけ示されて具体的には何も示されてはいないが、目標にあったこれからの生活が示されるであろう。また国民にも多くの課題が果たされるであろうが、それを受け入れないと人間は地球に住めなくなるのである。つまり、その反動に我々はなってはいけないのである
posted by ぐんぐん at 07:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

財界との折り合い

  私が民主党を信頼していないのは、財界との繋がりが切れないからだ。財界は二大政党を目指して切望しているから、これまで自民なり民主に献金をしてきた。それがここになって財界の思惑とは少し違った方向に民主が舵を取りだしたように見える。鳩山さんは「思い切って改革をしていく」と言っている。それはこれまでの政治との決別を意味する。要するにアメリカや財界の意向に沿った政治からの脱却を意味すると思うが、そう簡単にはものは運ばない。
  今、若手議員達が張り切って、これまでの霞ヶ関などの弊害や軋轢や弊害を取り除こうと取り組みつつある。そrはとても結構なことで大いに断行して欲しいのだが、問題は財界との折り合いだ。この改革が財界にとって面白くないものになれば別な話だ。たぶん民主に圧力をかけてくるであろう。その窓口になるのが小沢さんだ。彼は今までの政治手法を考えれば財界とは縁が切れない。財界と折り合いをつけながら政治を行ってきた。勿論財界は日本にとって必要不可欠なものではあるが、これまで目線が国民ではなく財界のほうにばっかり向いていた。その意向に振り回され、そのような政治を行った結果が今である。
  民主党は国民から大きな支持をもらった。それはこれまでの政治の転換を意味する。それは米国、財界の意向の政治からの転換を意味する。果たしてそのような政治が民主に出来るのであろうか。そうなったとき小沢さんがストップをかけると思う。壊し屋の本領の発揮だ。二頭政治だとか、色々揶揄されたり危惧をされているが、そう言った意味で小沢さんの存在は怖いのである。
  今民主党が行おうとしていることは、別段新しいことではない。ただ今まで出来なかった、やらなかっただけだ。草の根の運動で国民が切望し、思っていたことだ。やっとまともな政治が行われる時期が来たかもしれない。これからを見守って、監視して行かなくてはいけない。
posted by ぐんぐん at 06:56| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

鳩山内閣、発足

  日本が大きく舵取るはずの鳩山内閣がついに発足した。鳩山さんは4年間で民主の出したマニフェストを実行するらしいが、前途多難であろう。このマニフェストも気に入らない部分も確かにあるが、概ね自公政治とは離れている。庶民の暮らしをそれなりに良くしようという姿勢は感じられる。
  とにかく鳩山内閣には無駄をなくす政治を遂行して欲しい。今まで自民の政治でどれだけ無駄なお金が費やされ、ある者は私腹を肥やし、利権に利用されてきたのだろうか。それを「お金が入るから、落とされるからいいや」と国民もある意味納得して利用してきた。その反動は大きかった。国民の多くはその長年のツケを払わされることになった。それも老後になって一気にやって来たワケだ。今の年寄りはまだしもこれから迎えるであろう働き盛りの人は不安でしかたがない。なにしろ借金が800兆円もあるのだから。それを許して来たのも国民だ。自分が下に居ながら唾を上に向かってはき続けてきたに等しい。
  しかしそんな問題点や政策は早くから指摘、日本を悪くすることだと言う事は、はなから判っていたわけで反対をする党は存在していた。しかし存在は無視され、国民の目から離されていったのも事実であろう。
  果たして民主は4年で自公政治の間逆のことが出来るのであろうか。労働派遣法だって、民主党は賛成したのである。そんな反省を踏まえてこれからの日本の舵を切って欲しいものだ。これからの4年を期待を込めて国民は見つめている。日本を名実に先進国と言われるような国にしなければならないと思う。その意気込みは感じる。  
posted by ぐんぐん at 07:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。