2009年10月07日

変なタイトル

  昨晩、特別ドラマ企画「誰かが嘘をついている」という2時間ドラマがあった。ある日、通勤途中に痴漢に間違われ、とんでもない事になるお話だ。いやそこにはお話では済まされない腹が立つほど悲しい酷い現実があった。
  しかしこのタイトルも変だ。「誰かが嘘をついている」とついているが、結局ドラマでは誰も嘘はついてはいない。現実はむしろやってもいないのにやったと嘘をついたほうが、社会的に得をするように描かれている。そのほうがよっぽど間違っているのに、ドラマは嘘をつけない真面目な中年が、とんでもないことになる。たぶんこのタイトルは、今のそんな社会を揶揄した意味でつけられているのだろう。嘘をついて罪を認めたほうが、早く社会に復帰でき、お金も社会的地位も何とかなる。変な世の中である。
  そこには社会通念上の道徳は通用しない。警察も道徳観で仕事はしていない。罪を犯したと頭ごなしに決めつけ、それに沿った捜査をして、犯人に仕立て上げていく。それがねじ曲げられて強引に、その結論に無理矢理に持って行くのである。そしてえん罪が出来上がっていく。それでもえん罪でも何でも犯罪が立証できれば、警察の手柄である。痴漢などでっち上げることなど造作もないことだ。
  このドラマを観て、人生真っ直ぐ生きていくことは本当に難しい至難な業だとつくづく思った。このドラマについていくらでも書きたいことはあるが、正にこの痴漢に間違えられた男は悲惨な目にあうが、最後はラッキーとしか言えないドラマの終わり方であった。これでは被害者の女の子は全く救われない。もう一つの被害者であろう。もう1本ドラマができそうだ。
posted by ぐんぐん at 16:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。