2009年11月11日

広島県知事決まる

  この日曜日に県知事選があり新知事が決まった。湯崎さんという人だ。他の候補者とは大差での当選だった。地元紙を読んでいると、もう課題、懸案山積でどこから手をつけるのであろうかと心配する。
  知事の仕事はそれこそ分刻みでスケジュールが詰め込まれ、それをこなすのが仕事のようだ。まあ県の顔だから仕方がないであろうが、そんなことでは広島県を立て直すことなど出来ない。広島県は名だたる保守県政だが、そんなものに振り回されたり、しがらみを振りほどかないと閉塞感ただよう県からの脱却は無理であろう。
  新知事にはとにかく2兆円を超えると言われる借金をどうにかして欲しい。県民一人あたり70万円の借金だと新聞には書かれてあった。それには無駄な公共事業やぬるま湯体質を止めるべきだ。これまでの県政を担ってきたのが保守政治なら、そのことをしっかり認識すべきだ。それらがこんな借金の体質を作り出し、今ものうのうと議員をしている。新知事も県議会とは是々非々でやっていくと言っているが、是非そうして欲しいものである。広島県議会は前知事をお金で操ろうとした議員もまだしっかりいるし、県を食い物にしようとする輩もいるだろう。そんな議員に恩義や義理を感じることはない。新知事がどんな構想を持っているのかは知らないが、言われるように「広島に住んで良かった」と思う県にして欲しい。
  コンサルタント業をされていたくらいだから、節約やお金の使い道は上手であろうが、文化、生活の面もしっかり心をくだいてもらいたい。私の応援していた候補者は当選しなかったが、こんどの新知事は頑張っているなと思えるようになってもらいたいものだ。
posted by ぐんぐん at 06:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。