2009年11月27日

やはり大馬鹿ものだった

  散髪をしたせいか、それとも火曜日の夜に出かけたせいか久し振りに風邪をひいてしまった。水曜日は仕事に少し差し支えてしまったのだが、でもすぐ布団に入り眠ってしまったら頭はそれなりにすっきりしていた。なんと単純な体であろうか。

 先日の新聞に「核の傘堅持へ対米工作」と書かれてあった。そう言えば随分前であったがA紙にもそのことが書かれてあったと記憶している。
麻生政権が米政権に中国や北朝鮮の核の脅威から守って欲しいとお願いした話だが、それを聞いた国民はどう思うのであろうか。ごもっとも思う人もいるだろう。核の傘で守られていると信じている人もいることだろう。現実に核は拡がっていることは事実であるが、でもそれだからといってその核を防衛に使うこととは広い意味で憲法違反だし、世界で唯一の被爆国としての非核化の声を出せなくなる。全く情けない話ではないだろうか。
  使ったら最後、使えないものを頼みにするなんて愚者のすることである。現実論として守られているから攻めてこないと言うが、そんなことをすれば全てが終わりである。たとえ核を持った国が核以外で攻めてきたとしてもその悲惨さは今も現実に存在する。21世紀になっても戦争紛争は終わらない、人間は愚かなものである。
  当の日本だか、オバマ政権によくもそんなことをお願いしたものである。それこそ日本はどうなっているんだと思われたであろう。世界から逆行する政策を未だにしようとしていた。米国もますます日本は組易しと思ったことだろう。これで世界平和などとどの口が言ったのであろうか。
  その意味でも自公政権がなくなって良かったと思う。出来うれば沖縄の基地を一つでも無くせたら幸いである。なんとか鳩山政権には頑張ってもらいたい。他の野党と共闘して非核化の世界をリードして欲しいものである。自民党には永久に退場してもらいたい。  
posted by ぐんぐん at 07:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。