2010年01月27日

根本的解決しかないのでは

  何度も書くが、名護市民は基地はいらないと判断したようだ。勝ったとはいえ、わずか1600票の差だった。市民が正に真っ二つに割れた感は否めない。半分の市民は基地容認派と言うことになる。お隣の岩国でも同じように市民が割れた市長選となり、ここでは基地増強派が勝利した。しかし国がやったことはお金で市民を愚弄して市民の心に大きなしこりを残した。
 名護市でも同じような展開だった。賛成派も基地を容認したのではなく、仕方なしに受け入れているのだと思う。政府はもっと沖縄の将来を見つめて支援をして欲しいものである。名護市にはこれまでに400億近いお金が投資されてきた。地域振興だと言うが本当にそのお金が市民に生かされているのであろうか、はなはだ疑問である。
  鳩山内閣は本当に5月に着地点を見つけることができるのであろうか。色々候補地は言われてはいるが、5月までは無理な話だが、本気になって何故今新たな基地が必要なのか、本当にこの条約が必要なのかを国民全体で考えるような議論を起こして欲しいものである。マスコミもいい加減なな態度である。何処にするのかではなく、必要なのかを報道して欲しい。まるで傍観者の立場で報道している。そもそもこの選挙の根本問題は安保条約に起因している。基地の是非はこの条約の是非である。まずその根本問題を片付けないとこのような問題が永遠に続くであろう。今それを名護市市民は国民に問うているのではないかと思う。
posted by ぐんぐん at 06:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

名護で新市長誕生

  さっき名護市で辺野古移設反対候補の稲嶺氏が新市長の誕生となったとTVで言っていた。予想はしていたが、前日まで接戦だとも聞いていたので心配していた。これで辺野古移設はますます難しくなったと言えるだろう。これで沖縄全体でも基地は要らないと大きく傾くであろうか。まだまだ反発はあるだろうが、本気で基地に頼るのではなく、県の再生を願う平和な沖縄らしい県になって欲しい。思えば沖縄は自から基地を選んだのではなく、日本の犠牲になっていただけの話だ。北海道・沖縄開発庁まで設けられたのだが、本当の意味の開発ではなく、基地を依存するためのお金の使い方だった。いままでどれだけのお金が投資されたのであろうか。しかしそのお金が真の意味で沖縄に使われたのであろうか。はなはだ疑問である。
  新しい市長の誕生で、市政運営は大きく舵取りとなるが、戦争のための基地ではなく、美しい海のある平和な町に再生して欲しいものである。沖縄で聞いた爆音はもう聞きたくない。美しい自然にあの音は相応しくないと思う。基地がなくても市民が安心して暮らせる市政は必ずできるはずだ。知恵を出し合って美しい自然を守りながら若者が暮らせる市政を作って欲しいものである。
  これからの鳩山内閣がこの結果からどのような結論を導くのか。安保条約を読めば、破棄はどちらかの意志によって破棄できるとある。時代遅れの安保条約など破棄して本当の意味の平和条約を東アジアで作り出せばいいだけの話だ。でもやっぱり鳩山さんでは無理な話か・・・・。
posted by ぐんぐん at 21:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

興味深いお話

  興味深いでは済まされない話であった。今日NHKで「助けてとは言えない30代」という番組を観た。それは今、30代で派遣切れに合い路上暮らしになる人が多いという内容だった。親にも頼れない、友人にも今の自分を見せられないという人が増えているということだった。それには自己責任という言葉が鍵になっていた。大人は自己責任と言う。それに隠されているのは社会の責任を個人に責任を転嫁する誤魔化しだと言っていた。そうだと思う。社会とはそんなものではないだろう。人と人が認め合い責任を持ち合いそして個人を守り合う。それが本来の社会であろう。しかし現実は余りにも悲しい。
  番組は鋭く今の現実を指摘していた。子供の頃から人を信頼出来なくなり、競争を強いられ、出来なければ自分が悪いと思いこんでしまう。仕事が出来ないと出来ない個人が悪くなってしまう。いつからそんな社会が出来たのであろうか。それにはちゃんとそのような社会を作り上げた背景があるし、そのような事を思いこまされる素地が出来ていた。だから今の30代はそんなことを思うのである。それは社会の在り方が余りにも日本でお粗末であったかを物語っているのではないかと思う。つまり物事を考える力が着いてないのではないかと思える。だから簡単に同調したり、流されてしまったりその風潮に流されてしまう。教育の段階で自分の考えを持てない勉強をさせられていたことが判る。その結果であろう。見栄や対面で生きてはいけない。もともと生きるというとはそんなに美しいものではない。人に迷惑をかけるし、おんぶに抱っこである。
  もっと我々は社会というもの、生きるということを日頃から考えて生きなくてはいけないと思う。自分を振りかえってみて、今回の番組を観てそんなことを思う。
posted by ぐんぐん at 21:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

腹をくくれ!

  東京地検による小沢氏の側近逮捕、当の小沢氏までもう少しだ。ある意味民主党にとってチャンスかも知れない。頭の上のつっかえ棒が取れるからだ。そりゃ民主党にとっては危機だと言われているが、いつまでも小沢頼みだもないだろう。政権を取ったのだから小沢氏も満足だろう。TVでも自民党議員やタレントからも盛んに「そんなに小沢氏が怖いのか」など突っ込まれて、何も言い返せない若手民主党議員たちだが、それこそ今が千載一遇のチャンスであろう。誰かが引導を渡すべきだ。それが地検のよって渡すようだと、ますます何も言えない主体性のない、自浄努力の出来ない情けない党と国民から言われるであろう。その前に小沢さんは自ら幕を降ろすべきだ。壊屋と言われていたが、自らの失策から招いた汚点だ。知らぬ存ぜぬでは余りにも人をバカにしている話だ。そのまま居座るようだと、次の参議院選にも大きく影響するだろう。
  しかし今だ口利きがまかり通ってる業界がそのまま残されている日本に果たして民主主義があるのだろうか。民間委託がすすむなか、そんな数や力、お金でかたづけることで良いのだろうか。情けない日本である。
posted by ぐんぐん at 14:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

成人式か!

  昨日は成人式だった。私はその頃は船員だったので、式には参加していない。近頃成人式と言えば、どこそこで新成人が暴れたとか、酔っぱらって醜態を見せたとか、とかくあまり見せたくない話題ばかりニュースであったが、今年はあまりそんな事は取り上げていなかったような気がする。お酒を公然と飲むことが出来るからそんなこともあるだろう。嬉しくて羽目を外すこともあるだろう、そんなことは大した問題ではないような気がする。大人になれば必ずペナルティーをもらうし、それなりの代償は払うことになる。嫌が上でも大人になったことを痛感する。むしろ自分の気持ちをストレートに表すことの方が大事だ。しかし暴れたり、人に迷惑をかけることを肯定はしないが、大目に見てやればいい。子供の頃から、大人の都合のよい子供のほうがよっぽど怖い。自分の気持ちを黙っていたり、表現出来ないから大人しくしていたりする子供は成人式で暴れたりする子どなよりよっぽど恐ろしい。そんな子供が増えているような気がしてならない。
  今年新成人になられた若者は我々の時に比べよっぽど大変だと思う。就職はないし、賃金もアップは望めない。年金の事を考えるのは早いと思うが、それも期待できない。一体誰がそんな社会を作ったのだろうか、我々先輩の責任だと思う。そんな政治を続けてきた、選挙で選んできた大人であろう。何だか暗い未来が見えない社会だが、若者の力でこんな社会をひっくり返して欲しい。今年から坂本龍馬が大河ドラマで始まった。新社会人みんなが龍馬のはずだ。先輩たちの過ちを振り払って欲しいものである。
posted by ぐんぐん at 09:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

早く医療体制の確立を

  暮れの31日次女が病院のお世話になった。そう言えば昨年も風邪を引いたのか新年を迎えた2日に三原に帰って病院に行ったこともあった。今回もどうやら腸炎のようだった。しかし市内に住んでいて舟入病院は非常に助かる、心強い限りだ。新聞によれば山間救急医療が大変だと書かれてあった。医師不足と赤字で苦しんでいる。医療即命と直結する。それこそ行政の問題だ。
  患者のたらい回し問題や産科の不足など問題は山積しているが、これも今までの医療行政のせいだ。国はもっと計画的に医師や配置を考えて欲しい。これまでの報道を見ていると、いかに医師に頼り偏った医療が判る。もっと満便なく万全の体制がとれるように医師会としっかり連携をとって取り組んで欲しい。
posted by ぐんぐん at 10:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。