2010年02月26日

やってもらわないと

  この10年間で大企業や高額所得者の減税は約40兆円と言われている、もの凄い金額だ。近代国家で累進課税は当然な事として認識されているが、日本では小泉内閣以前から金持ち減税が行われ、大企業に至っては国際競争力などと言っては、減税や優遇税制が行われてきた。この結果リーマンショック以前あれだけ好景気と言われていたのに、庶民には何の事やら全く関係ない状態だった。逆に所得は下がり家計はひっ迫している。当店でも2月になってどうしたことかという有様だ。こんな状態が何ヶ月も続くと恐ろしくなってくる。
  内需と言っているが、景気というか全く購買欲が上がらず、給料や仕事が無い状態なのに内需が拡大する訳がない。仕事も民間まかせにしておいて増えるわけもなかろう。しかし我々の生活のなかでやりたいことやして欲しいことはいくらでもある。家も欲しい、車も新しいのに替えたい、家の修理や買いたいものや旅行もそうだ、いくらでもある。そんな物欲ばかりではないが、結局は物を売買しないと景気は良くはならない。購買だけではない、したい事はいくらでもあるのにそれをするお金が無いのである。景気を刺激するために政府は色々な施策しているのだろうが、大元はその減税から始まっているのではないか。過分に減税されたものが庶民の生活を圧迫して負担を大きくしている。ならばそれを元に戻すとか税率を引き上げるとか内部留保をはき出させるとかすれば良い。日本は何をかばうのか、そんなことは今までしたことがない。昔は徳政令とか借金棒引きとかしてきたが、民主国家たるものそんなことはすべきではないと思っているのではないか、そんなことはない、法律を作って大企業にはしているではないか。合法的に庶民を苦しめている。大企業にため込まれている内部留保を合法的にはき出させればよいのである。それで官民で仕事を増やすような企業体などを作り出せばよい。でないとますます格差は広がるし内需など増えやしない。こうした事態はリーマンショックだけが引き起こしたのではない。これまでの積み重ねが事態を深刻化させより一層長引かせている。もはや日本の経済の発展などと言う段階ではないと思う。大企業も日本の将来のことや国民のことも視野に入れないと本当の意味の発展は望めないし、また生き残れない。
  しかし資本主義というのはそんなことは関係ないのである。その国の発展とか国民の生活など全く関係ないのである。この企業体が儲かれば良いのであって、株主が高配当を貰えば良い、そんな主義なのである。だからあんなリーマンショックなどが起こるし、21世紀になっても貧困がはびこり賃金格差が鮮明になってくる。そんなことを言っても今は仕方がないが、せめて真面目に働く人が当たり前の賃金を貰えるような社会であってほしい。そんなこともこの国は叶えてくれないのか。
posted by ぐんぐん at 07:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

勝手な事ばかり・・・

  TVをつければ、「普天間の移転先は・・」の報道ばかりだ。コメンテーターも批判的なことばかり言っている。私はTVをつけっぱなしなので嫌でもこの話題は耳に入る。しかし評論家は誰一人、じゃ、「ここが良い」とか「どこが候補」とか言ったことはない。政府の対応に不満なら対応案を出せばよいものを、それは言わない。そんな勝手なことがあるか。そんな批判なら誰でも言う。TV局にも責任がある。一体この政府の迷走にどう思って放映いているのだろうか。「何処にするのか」「5月までに決まるのか」などばかり言って、批判ではなく文句のたぐいで、人ごとのような姿勢だ。状況説明なら言われなくても判る。全くと言ってよいほど自分たちの見解は示さない。そもそも沖縄にこれまでのように基地があって良いと思っているのであろうか。有る無しも言ったTV局も一つも無い。マスコミというのが聞いて呆れる。責任が伴う局面だと批判ばかり言うくせに、そのくせ自分たちの意見は示さない。私の知る限りそんな新聞はA紙以外一つもない。本当に国民の立場にたって新聞やTV報道をしているのだろうか疑ってしまう。
  こんな報道なら戦時中とほとんど変わりがない。マスコミとはかたよった報道してはいけないと信じ込んでいる。偏りは問題があるが、姿勢やどのような立場に立つかでは大きく内容が異なってしまう。たとえ偏っていると言われてもちゃんとそのことを胸を張って述べれば良いと思う。結局平等や偏向のない報道を隠れ蓑にして自分たちの意見を述べないでいる。これでは読んでいる読者や視聴者こそ言い面の皮だ。
posted by ぐんぐん at 08:08| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

大したものだ!

  上村愛子さんの特集がやたら放映されている。もしメダルでも取っていれば、気持ちよく、抵抗なくその番組を見られたかも知れないが、ちょっと残念で気の毒で仕方がなかった。せめて銅メダルでも良いから取らせてあげたかった。しかし勝負の世界は温情や思い入れでは動かぬもので、とてもシビアな世界だと言うことを今回思い知ることになる。
  昨日のお昼はその競技モーグルに釘付けだった。日本中そうだったに違いない。娘などはライバルの選手に転けろと叫んでいた。ちょっと不謹慎だが、勝負事とはそんなものかも知れない。いけないと思っていても、心の底ではそんなことを思っていたかも。しかし競技や勝負事は気まぐれで思うようにはなってくれない。決して甘くはなく、こっちの思惑など関係なく非情である。
  しかし上村さんは全力を出したと思う。我々が考える以上に精神は気高い所にあり、結果が全てではないところ昇華しているのだろう。だが我々以上にメダルが欲しかったのも彼女だろうが、番組を観ている私たちにその一部だが、それを感じさせてくれた。とても厳しいが羨ましい生き方だとも言える。
  人生とは折り合いをつけることだとも言えるが、彼女の歩んだ道はメダルの獲得で一応の決着が着くはずだったのだが、そうならなかった。今激しい葛藤と満足感とが交互に訪れているだろう。しかしその高みは既に得ているのではないかと思う。我々凡人以上に優れた感覚や感動を味わったはずだし、国民をここまで引っ張ってくれた競技生活だったと思う。それだけで充分金メダルに相当するし、価値があると言える。人生これからのほうが長いから忘れ物がなるべく少ないほうが良いのだろうが、忘れ物をするから人生なのかも知れない。私は悔いや後悔のほうが多い人生を過ごしてきたが、上村さんはもうこれ以上ない位に競技については努力したはずである。競技者としてとても幸せな人生だったと思う、羨ましい限りである。そして今回のオリンピックは競技の記録や内容以上に人間模様を伝える中継だったらと思う。
posted by ぐんぐん at 16:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

オリンピック選手も大変だ 

 スノボー選手の国母君が国民から叩かれている。当店でもその話題が上った。TVでも盛んに市民にそのことを聞いているが、結構若い人が「あの格好はいただけない」「国の代表で行っているのだからちゃんとしなくてはいけない」などと言っている人が多いようだ。年配の方は「若いのだから仕方がない」とか「試合でガンバレばいい」と割と物わかりの良いことを言っていた。意見は半々だと思うが、私もTVで見て、こういう格好は今の高校生や大学生がしている格好だなと思った。でも批判が来るとは思ってもなかったので正直敏感に国民の一部は反応するのだなぁと半ば呆れていた。そりゃオリンピック選手だから、国民の代表には間違いないと思うが、この格好が国の面汚しとか対面を汚したという訳ではないと思う。ちょっと着こなしを崩しただけだ。まして20代前半の若者だ、こんな格好もしてしまうだあろう。日本に住んでそんな格好はだらしなくて怒られるのか。会社でしている訳ではない。 目くじらを立てる問題ではないと思う。国母君にしては対面とか権威など頭から無かったであろう。彼も若くしてトップに登り、そして挫折もしてまた頑張ってオリンピックまで辿り着いた選手だ。色んな人のバックアップも有ったはずだが、個人の努力で世界に挑戦してきた。それなのに多くの国民はその格好にクレームをつけている。彼から言えばそれこそ「うれっせーな」だろう。いちいちそんなことで文句を言うなという気持ちであったろう。だからこそ記者会見であんなもの言いをしたのだと思う。
  2回目の会見は橋本団長に付き添われてそれなりの対応をしていたが、たぶん橋本団長は優しく彼に対応をしたと思われる。世間の厳しさやいい加減さを百も承知で知り尽くしているから、大人しく国母君も従ったのであろう。私は思う、格好など大した問題ではない。大目に見ればいいし、周りの大人が気配りや配慮や進言すればよい。こんなことにクレームをつける人間ほど、勝ち負けにこだわり、もし負けようものなら家まで無言電話をしたり、税金泥棒などと言ったりして・・・・。それは言い過ぎかも知れないが、こんなことは昔からあったことだ。人間は一向に変わらぬものだと思う。
posted by ぐんぐん at 08:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

誰が信じる

  衆議院議員の資産が公開されたが、こんな数字の羅列を誰が信じるものか。特に小沢氏の公開内容には誰もが驚いたに違いない。婦人も含めて資産19億円とある。議員の報酬が積もり積もってもこんなにあるとは到底考えられない。しかも預貯金は0円となっている。また疑惑の土地購入の4億円はタンス貯金と弁明している。よくそんな事をいけしゃあしゃあと言えたものだ。国民が納得しないのも当たり前だ。4億円もの現金を家に置いているのもおかしいし、土地に替えてどうするつもりだったのであろうか、私には理由が思いつかない。またワイドショーでも小沢氏の土地が沖縄にもあり、ヘリポート建設予定地のあたりだったと思う。結構広い土地だった。もうそこは原野になっており、レポーターも何故この土地を購入したのか不思議がっていた。とにかく小沢さんは土地好きのようだ。こんな事をいつまでもしているから、国民の政治不信は益々増大し、今度こそ政治離れが起きれば取り返しのつかない事態が予想される。
  衆議員の資産公開だが、本当に意味あるのだろうか。婦人家族名義にしておれば何とでもなる訳だ。新聞にも書かれてあるが、たんす預金は対象外インターネットの公開もない、内容を証明する書類の提出も要らないとある。それに虚偽記載に罰則もないとくれば、もはや何の意味もなさない。ただの一覧表だ。これだから政治家はと揶揄されるのだ。資産が少なければ疑うし、多ければこれが本当だとも思うし、儲けているなとも思う。人の資産は興味津々だ。
posted by ぐんぐん at 17:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

やることは早い

  あっと言う間の引退劇!自己防衛は早いものだ。警察の手が入ると、横綱の立場どころか、相撲界全体に関わる大問題に発展する。それなら辞めさせてしまえと言うことか。さすがと言うべきか、保身にはもってこいの早業だったと思う。朝青龍も最早さすがに観念したか、さばさばした記者会見だった。暴行事件には報道と食い違いがあるのか、何か言いたそうだったが、止められていたか、もう何も言いまいと心に決めていたようだ。でもそれも食い違いがあるにせよ自分が蒔いた種だ、仕方がない。しかしお互いに良いタイミングに引退劇になったものだ。これで上手く納まった。
  類い希なる稀代の横綱・朝青龍だったが、これで引退とは今更ながらちょっともったいないような気もする。相撲界の最高位は「大関」だが、横綱とは言わば名誉職のようなものだ。だからこそここまで社会は横綱に厳しいのである。だから個性は品格とか名誉にははばかられるのであろう。横綱とはそれほどの立場なのであろう。ある意味仕方がない存在だとも言える。モンゴル相撲にも立場というものや存在があると思うがどうなんだろう。たしか朝青龍の親父もモンゴル相撲の横綱だったと記憶しているが、国が違えば存在価値も違うのであろうか。
  貴乃花の理事問題だが、彼が何を考え、どう相撲界をしたいのか本人の口から聞きたいものである。鉄は熱いうちに打てというから早い時期に何らかのアクションを見たい。それでないとこれまでのことが無になってしまう。これからも相撲界から目が離せない。
posted by ぐんぐん at 16:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。