2010年02月04日

藪の中に

  またまたお騒がせの朝青龍関、色々やってくれますねぇ!報道によると殴った形跡もないとか、被害届も示談金で解決とか言われてるけれど、時間が経つほどこのようなケースは変質してゆくもの、もうすでに藪の中の様相だ。
 それに平行して貴乃花親方の理事入り問題もややこしいというか、面白くなってきている。ワイドショーの話題に事欠かない。裏切り者と言われた安治川親方も退職を撤回とある。何も辞めないでも良いのにと思っていたのだが、そのには色んな問題が絡んでいたのだろう、今度は辞めないそうだ。
  朝青龍問題は現役横綱で確かにこんなに問題を起こした人は聞いた事がない。たぶん昔は問題を起こしてもこんなに報道がされなかったのだろう。そしてガードも堅く、力士自体のモラルも高かったのかもしれないし、色んな意味で守られていたのだろう。しかし今はターゲットが決まれば、これでもかと攻撃してくる。相撲を取るより大変だ。
  我々庶民や外野は悪いことをするからそうなるとよく言う。真面目な人もちゃんといる、そういうことをするから事件をおこすのだと言う。大人だとそうであろうが、子供にもそんなことを大人はよく言う。問題を起こさない子供もいる、問題を起こす子が悪いのだと。問題をすり替える訳ではないが、モンゴルに帰ってちょこっとサッカーをするのがそんなに悪いことなのだろうか。大の大人がそれこそ自己責任で、また周囲からせがまれたらしてしまうであろう。今回場所中の夜中に起こした事件はどう考えてもいただけないが、あんな事をしでかしても優勝するのだからどういう神経をしているのだろうか。我々には計り知れない精神の強さをもっているのだろう。場所中おとなしくしていた力士は呆れたに違いない。それでも勝てないのだから・・・。
  先に書いた、問題を起こす子よりも起こさない子のほうにも問題があるような気がする。その問題だという意識にも気になるし、本当に問題なのであろうかとも思う。まして子供だ問題を起こして当たり前だし、素直だと思ったほうが正解の近いとも思う。むしろ子供の時に我慢して自分の気持ちを表現しない子供のほうがよっぽど恐ろしい。朝青龍を弁護する気はさらさらないが、そんな朝青龍より弱い他の力士の問題が潜んでいるし、早くも藪の中になりそうな事件の真相もより問題をややこしくしそうだ。それもマスコミが強く作用している。
  貴乃花の理事入りはまた書くことにしよう。
posted by ぐんぐん at 07:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。