2010年02月05日

やることは早い

  あっと言う間の引退劇!自己防衛は早いものだ。警察の手が入ると、横綱の立場どころか、相撲界全体に関わる大問題に発展する。それなら辞めさせてしまえと言うことか。さすがと言うべきか、保身にはもってこいの早業だったと思う。朝青龍も最早さすがに観念したか、さばさばした記者会見だった。暴行事件には報道と食い違いがあるのか、何か言いたそうだったが、止められていたか、もう何も言いまいと心に決めていたようだ。でもそれも食い違いがあるにせよ自分が蒔いた種だ、仕方がない。しかしお互いに良いタイミングに引退劇になったものだ。これで上手く納まった。
  類い希なる稀代の横綱・朝青龍だったが、これで引退とは今更ながらちょっともったいないような気もする。相撲界の最高位は「大関」だが、横綱とは言わば名誉職のようなものだ。だからこそここまで社会は横綱に厳しいのである。だから個性は品格とか名誉にははばかられるのであろう。横綱とはそれほどの立場なのであろう。ある意味仕方がない存在だとも言える。モンゴル相撲にも立場というものや存在があると思うがどうなんだろう。たしか朝青龍の親父もモンゴル相撲の横綱だったと記憶しているが、国が違えば存在価値も違うのであろうか。
  貴乃花の理事問題だが、彼が何を考え、どう相撲界をしたいのか本人の口から聞きたいものである。鉄は熱いうちに打てというから早い時期に何らかのアクションを見たい。それでないとこれまでのことが無になってしまう。これからも相撲界から目が離せない。
posted by ぐんぐん at 16:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。