2010年03月05日

ますます鮮明に

政権政党が替わってますます日本の抱えている問題が鮮明になってきた。今、一番の問題は普天間基地移籍問題だろうが、ややもすると沖縄県内に基地が移籍されそうだ。それでは沖縄県民は納得しないであろうし、ますます民主党の首が飛ぶ問題に発展する。点数を稼いだと思っていた事業仕分けでも中途半端の感がぬぐえず諸刃の剣の危うさを路程した。鳩山、小沢両氏のお金の問題は国民の信頼関係は無きに失したみたいで、いくら看板を書き換えても隠しきれない保守政治の愚かしさをここで見てしまったようだ。これではいくら国民が大らかでも黙ってはくれない。自公政治から大きく転換を図ったと思いきや、それなりに期待感もあったが、自らそれを放棄したようだ。これらから巻き返しを図るにはよっぽど何か大きなことをしなければ国民の信頼は望めないであろう。それは何かと考えるとやはり普天間基地の県内移設、できたら基地を一つ無くす事しかないと思う。世界でも例がないほど一方的な現安保条約をまともな条約を解釈するだけで大きな意味がある。世界の現状を鑑み真の平和条約に結びなおすだけでこの基地問題は何らかの決着を見るだろう。せっかくアホな自民党が良い機会をくれたのだ。これを機に平和な日本を構築し直すことだ。普天間問題は何処に決めたって良い結果は待っていない。反発と支持を失うだけだ。首をかけてオバマさんと一つ基地を無くすように言うしか道は残されてない。国民も早くそれに気づくべきだと偉そうに思う。
posted by ぐんぐん at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。