2010年05月30日

馬脚を表す

  とうとう、福島さんの首まで切ってしまった鳩山さんだが、次の参議院選は壊滅的な敗北をするだろう。自民党と同じような道筋を辿っているような気がしなくはないが、あんまり腹芸と言うか、人たらしは得意ではないらしい。
その辺りは自民党のほうが、一日の長があったような気がするが、育ちの良いお坊ちゃんの気質が見て取れる。
とにかく一本気で、ウソは言えない。今回など沖縄にウソをついたと言えるが、本人はウソとは思っていないであろう。本気で県外国内移設を考えていたのであろう。
だが、鳩山さんは自分では動かなかった。誰かがしてくれると思っていたのだろう。事はそんなに甘くはない。自分が動かなくてどうする。誰も嫌な鈴や爆弾は踏みたくない。
たぶん鳩山さんは今までの人生でいつも誰かが何事もしてくれていたのだろう。今度の場合はそうはいかない。期限は迫ってくるし、アメリカも自分たちの言うことは聞いてはくれない。さあ困ったである。
だから沖縄に対して謝っても、真実味はちっともない。痛みなど感じていないように見えてくる。ただ漠然と淡々と謝っているだけである。
沖縄県民や国民は怒っても糠に釘のような手応えのない返答である。お坊ちゃま議員らしく手応えのない受け答えしか帰ってこない。恐ろしい事である。
 しかし、自身の献金問題にせよ、幹事長の金権体質でも自身では何にも決めることが出来ない資質がここに露呈をした感がある鳩山さんだ。参議院選で国民はどういう審判を下すのであろうか。
posted by ぐんぐん at 15:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

どういう意味!?

 私の穿った見方かも知れないが、仲井間知事の受け答えが変だと思う。沖縄県民の民意は新基地を県内に作らせないで一致していると思われるが、知事はどうもそうではない気がする。
 先日から総理が県内施設をお願いしたり、福島民社党首が県内移設を絶対反対の姿勢を表明しても、仲井間知事の答えは「県民の納得がいくような形での解決が図られるよう頑張って欲しい」といか述べていない。それって反対という意味には取れないのではないだろうか。容認とも反対とも取れるような微妙な言い回しに聞こえてしまう。
納得とは何だろう。納得できるような基地移設なのだろうか。納得できるような条件を沖縄に政府は出せと、暗に呼びかけているのだろうか。
そして解決を図るとは何だろうか。沖縄県民は基地は要らないと言っているのではないのか。まだ他の解決があるのか。
 私は最後には仲井間知事は政府につくと思っている。今は県民や国内の反対の声が強いため、一見反対派に見えるが、本音は容認派だと私は思う。
稲嶺名護市長とは対照的だ。何やら頃合いを見て、条件を持ち出すのではないかと思っている。沖縄はこの知事で果たして良いのだろうかと私は危惧する。
posted by ぐんぐん at 21:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

叩かれて当たりまえ!

  予想通りと言うか、予定の行動だったのか、とうとうと言うかやはりと言うか鳩山さん、大きなみそをつけてしまった。ここまでダメな首相だったのかと呆れてしまった。
  あれほど県外と言っていたのに、努力したと言っていたが、そんな姿や動きは見られなかった。ホント口先だけのようだ。せっかく首相になったのだから一つくらい基地をなくする事くらいしたら民主党も鳩山さんも株を上げたのに、これが保守政治の限界なのだろう。アメリカのご機嫌伺いばかりしているようで、まるで一国リーダーとは思えない対応ぶりだった。
  鳩山さんは沖縄の歴史やこれまでの苦難をどう思っていたのだろうか、まあ自民党より少しはましだとは思うが、結果がこれなら期待を持たせただけ余計事態は悪くなった。
もともと沖縄の知事さんも基地容認派だったのだが、これほど沖縄で基地反対の声が上がれば、もう後戻りは出来なくなった。
  ここから本当の闘いが始まると思う。何の為の基地なのか。本当に必要なのか、安保の意味さえこれから始まると思う。
  沖縄だけの問題ではない。日本全体の問題にしないともっと危険な状態になり、日本人のアイデンティティーをも問われかねない。鳩山さんの問題だけでなく、私たちの問題にしないといけない。これからが大変だし、大切なのだろう。
posted by ぐんぐん at 16:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

もっと早く対応を

  新聞に肝炎訴訟が賑わせている。一般紙ではもうほとんど書かれてはいないが、私の読んでいる新聞ではこのことがちゃんと書かれている。
国が肝炎訴訟に敗訴したにも関わらず対応が遅いことが書かれてある。苦しんでいる患者がいるのに、どうしてもっと早く対処しないのだろうかと思ってしまう。肝炎の対処はここに来て金銭的にも大幅に改善されたが、予防接種で肝炎にかかった人にももっと迅速に健康を取り戻す為にも国は反省して心ある善処をして欲しい。
  良かれと思って予防接種を受けて病気になったのでは、目も当てられない。うちの奥さんもその口だ。今は大した病気はしていないが、彼女も抗原があり、いつ病気が発症するかと心配だ。
この病気は歌手の石川ひとみさんが発症して有名になったが、病気に対する偏見や誤った知識のせいで多くの差別や弊害が生まれたが、今は病気の理解が少しは改まったようにみえる。
  古今東西、病気や差別は相変わらずだが、少なくとも国がその当時の施策の誤りを認めたなら、もっと早く対応をすべきだ。A紙によると判決後全く対処していないと書かれてあった。長妻さんもあれほど野党の時は追求していたのに、せっかく政権を担ったのに何にもしないなんて「それはないよ」と言いたい。
  こうしている間にも死者は出ているし、病気に苦しんでいる患者の事を思うと厚生労働省の態度には不信感を持ってしまう。妻や息子のことを思うと、もっとしっかりして欲しいと気が気ではない。

posted by ぐんぐん at 07:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

日本のことなど考えていない

  今朝NHKで鉄筋業について放送していた。
それは欠陥の建造物が増えている内容だった。
その背景には鉄筋業での職人の未熟さが浮き彫りになっている。 
請負単価の引き下げで安い賃金しか払えないから経験豊かなベテラン鉄筋工が辞めていく。
それで図面が読めないまだ未熟な職人が建造物を造っていく。
仕事を任せておけないから、親方自ら現場で腕をふるうのだが、若い職人を指導する時間も持てない。
しかし現場は待ってはくれない。未熟な職人は、ちっとも腕の方は上がらないままだ。
正に技術者の底上げはなく、どんどん技術が落ちていく。
かつて技術力の日本なんて過去のお話になっていく。恐ろしい話だ。
 それが鉄筋工だけの話ではなく、日本の技術全般に及んでいく。
利益至上主義になって、利益ばかり追いかけてきたツケが一気に加速して廻って来た。
中小企業をないがしろにしてきた弊害がここに来て吹き出してきている。
事の深刻さにやっと気づき、建設業協会も対策に乗り出した。
 事の重大さは単価の引き下げにある。これだけ工事代金が引き下げられると職人の単価もおのずと下がってしまう。まるでアルバイト賃金である。
これではやる気がなくなるであろう。それで欠陥建造物が増えるわけだ。
こんな事が日本あちこちで様々な業種で起きている。もはや技術どころの騒ぎではない。
一体こんな日本に誰がしたのであろうか。他ならぬ日本を牛耳る財界であるし、自民党政治である。かつて日本が誇っていた技術力はどこに消えたであろうか。
まだまだ再生は可能だ。安心して働ける、適正な価格の暮らしをしたいものである。
命を切り売りして生きたくはない。まともな暮らしができる社会にして欲しいものだ。
posted by ぐんぐん at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

国中が揺れ始めた

 普天間移設問題でだんだん問題点が浮き彫りになってきた。
移設にはどこでも受け入れる場所はない。鳩山さんは元に戻りキャンプ・シュワブの案を提示してきた。
全く節操のない意地も意気地もないお話である。5月末にと言っていたので、ウルトラCでもあるのかと思っていたのだが、県外、国外移設全て拒否され、やむなくまた沖縄に舞い戻った。
と言うよりそんなことしか知恵がないと言うことが判った。
 私の店でもTVをつけていると、女性のお客さんが「もう本当に基地などいるのだろうか、それにあんなに予算も出しているのに」と私に問いかけてきた。
私は「日本を攻めてくる国など考えてみても無いですよねぇ」と言うと、「そりゃそうですよねぇ」と言っておられた。
素朴な疑問だが、当を得ている。思いやり予算を毎年あんなに出して、その上新たに新基地を作らされる、もの凄い額だ。
アメリカは防衛費だと思えば安い物だと言うが、世界中を見渡してもそんな国はありゃしない。正にやりたい放題、請求し放題のおめでたい国なのである、日本は。
中国を心配する向きはあるが、日本やアメリカをを攻撃するわけがない。
日本やアメリカは貿易でもお得意様なのである。こんな国と戦争を起こして何になるのだろうか。
アメリカが本気にそんなことを言っているのは考えなくても判る。日本から予算を引き出そうと方便を言っているだけである。
  マスコミも基地問題の根本を考えることしか出来なくなったのか、心あるコメンテーターも基地問題、安保問題を根本から考えようと言うようになった。
やっとここに来て本質を語り出したように思える。
鳩山政権の対応を見て、沖縄、徳之島の反対表明を見て、安保そのものを考えるように、真の解決策を探るようになったのではないかと思う。
 もう一歩前に出た対応を国民がしたいものである。
posted by ぐんぐん at 06:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。