2010年05月10日

国中が揺れ始めた

 普天間移設問題でだんだん問題点が浮き彫りになってきた。
移設にはどこでも受け入れる場所はない。鳩山さんは元に戻りキャンプ・シュワブの案を提示してきた。
全く節操のない意地も意気地もないお話である。5月末にと言っていたので、ウルトラCでもあるのかと思っていたのだが、県外、国外移設全て拒否され、やむなくまた沖縄に舞い戻った。
と言うよりそんなことしか知恵がないと言うことが判った。
 私の店でもTVをつけていると、女性のお客さんが「もう本当に基地などいるのだろうか、それにあんなに予算も出しているのに」と私に問いかけてきた。
私は「日本を攻めてくる国など考えてみても無いですよねぇ」と言うと、「そりゃそうですよねぇ」と言っておられた。
素朴な疑問だが、当を得ている。思いやり予算を毎年あんなに出して、その上新たに新基地を作らされる、もの凄い額だ。
アメリカは防衛費だと思えば安い物だと言うが、世界中を見渡してもそんな国はありゃしない。正にやりたい放題、請求し放題のおめでたい国なのである、日本は。
中国を心配する向きはあるが、日本やアメリカをを攻撃するわけがない。
日本やアメリカは貿易でもお得意様なのである。こんな国と戦争を起こして何になるのだろうか。
アメリカが本気にそんなことを言っているのは考えなくても判る。日本から予算を引き出そうと方便を言っているだけである。
  マスコミも基地問題の根本を考えることしか出来なくなったのか、心あるコメンテーターも基地問題、安保問題を根本から考えようと言うようになった。
やっとここに来て本質を語り出したように思える。
鳩山政権の対応を見て、沖縄、徳之島の反対表明を見て、安保そのものを考えるように、真の解決策を探るようになったのではないかと思う。
 もう一歩前に出た対応を国民がしたいものである。
posted by ぐんぐん at 06:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。