2010年06月02日

本気で考えないと

  あらっまー!鳩山さんまで辞めてしまった。あれだけ続投と言っていたのに!やはりこの人は口先ばかりで信用出来なかった。最後の最後まで国民を欺き通したのかも知れない。この人らしい、と言えばそうかもしれない。
  しかし、短命内閣というか、短命総理が続く。それだけ日本の政治が混迷しているのと、有権者の政治意識、見識の至らなさを同時に感じる。何となく人が良さそうとか、口当たりが良いとかで総理が決まる。TVによく出ているとか、口のうまさで人気が出て、そのまま総理とかに移行する。困ったものである。
  このままでは、政治家も人気投票で決まってしまうかも知れない。いや、昔から衆参議員選挙もその傾向はあった。TVの人気アナウンサーとか、ちょっと知れた人間とか、作家やタレントが出ては高得票で議員になっていた。そんな傾向が今も続いている。だから最高権力者である総理もとても軽々しく選ばれる。
  私なら、日本共産党の志位さんに総理になって欲しいが、まず無理な話だ。まずその前にその名も大多数の人も知らないかも知れない。それだけ国民が政治に関心が低いということなのだろう。そんな事は後に置いといて、一見混沌とした日本の政治状況に見えるが、もう自民党政治はご免だという結論に至った結果がこの状況を招いた。そして民主党ならと思った結果がまたもやこれだ。しかしここから本当の政治が始まるのかも知れない。この先がとても大切だと思う。国民を大切にする政治にするのか、それとも旧態依然とした政治に戻るのか、ただ目先の変わったような口先だけの政治家に将来を託すのか。これからが本番である。
  民主党も鳩山さんの最後の演説のように、少しは変わるであろう。金権政治からの脱却がもし本当になされるなら、少しはまともな政党になるであろう。小沢さんの重しが取れたなら、少しは自由に物が言える党になるかも知れない。鳩山さんの演説は名演説であった。あれが沖縄に向けられ、国民に向いたなら、政権交代して良かったと国民は思うであろう。
  
posted by ぐんぐん at 22:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。