2010年08月26日

志位さんの記念講演会を読んで V

  米軍基地問題をどう解決するかー
今年ほどこの問題が問われた年はなかったような気がします。鳩山内閣のときに普天間基地移設に際して鳩山さんが、意味ありげに代替地が沖縄以外にさも有りそうに言っていたのが、国民的話題に上がっていたからです。
しかし結果は辺野古への逆戻り。あれだけ言っていたのに何の事やら。少しは期待したのがバカだった。
志位さんも鳩山さんと会談をしたが、何だったんだろう。
ここには「基地にない沖縄にするには、日本全体の総意にしないといけない」た書かれてある。結局日本のどこも米軍基地など来て欲しくはないことが判った。しかし日本国民はまた沖縄に基地を押しつけたのである。本当に日本は沖縄の立場に立っているのだろうか。基地は嫌、日米安保はいる。そんな都合の良い話はないはずだ。
  この章は東南アジアや近隣の諸国、同盟問題や軍事問題が語られています。
結局、軍事力ではなく平和外交でしか問題は解決しないことを示しています。
日米安保条約の是非を問われているのですが、果たして日本国民にその勇気と決断があるのか、出来るのかは私は疑問ですが、それをするしか問題は解決しないことを示唆しています。
徐々にしか事は進まないと考えます。いっぺんに進まないと問題解決は出来ませんが、日本国民の性格からはその不安を少しずつ取り除く事から始めないといけないと思います。今の民主党には無理な注文です。
今のオバマ大統領なら少しは聞く耳もあるでしょうが、事は軍事国家であるアメリカの根幹に関わる問題です。よっぽどの事がないとうんとは言わないでしょう。その時はアメリカとの貿易摩擦が解消したときでしょう。今の経済の状態ではいつになるやらです。
ともあれ、道筋は示されたと思いますが、日本共産党の言うようにこれをしないと日本は良くならないと思いました。苦難の道を強いられくちゃんくちゃんにされ続けている党ですが、「革新的未来への確信にたって」と結ばれています。大したものだと思います。正に不屈の魂です。私は感動を持ってこの文章を読みました。誰かに聞かせて見たいものです。それも無理な注文ですが。
  誰しも困難や試練は持っているはずです。私もそれに負けないようにしっかり前を向いて生きようと思います。そんな勇気を貰った講演会でした。
                               終わり
posted by ぐんぐん at 06:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。