2010年10月25日

またも民主党負けた

 政治問題はもう書きたくないが、私たちの国のことだから仕方がない。思わざるにはならない。
昨日北海道5区衆議院補選があった。有ったこと自体私は知らなかったのだが、結果は自民・町村氏の圧勝での当選、民主の新人中前氏と30万票の差だった。
 今年の参議院選に続ての敗戦だが、国民の民主離れは雪崩をうったようだ。昨日、毎月例会の飲み会があったのだが、そこでも友人が民主党には騙されたと言っていた。彼はノンポリではないが、政治にそんなに関心があるほうでもない。その彼が声を大にて言うのだからよっぽど民主に期待をしていたのだろう。
まあ、それはともかく、国民の民主離れは単なる補選で負けたという話ではなくなった。自民の谷垣代表が言っているが、全くその通りである。しかし自民もそっくりそのままその言葉を返してあげたい。
金権体質にしたって、景気対策にしても、尖閣諸島問題でも、安全保障でも自民と同じ事をしているのに民主批判なんてあたらない。
そりゃ、小沢さんの承認喚問は当然するべきだし、金権体質などは自民党などは叩けばいくらでも出ることだろう。元もとこんな世の中にしたのは誰のせいだと思っているのだろうか。安全保障の問題にしても沖縄に全部負担を強いてきたのは自民党だ。民主も自民案に乗ったが、口から出任せで票を勝ち取ったのであるから責任は重大である。景気対策だって国民をここまで追い込んだのは自民他各党がつまらぬ政策を法案化して施策したせいだ。まだまだ書けばきりがない。
しかし政権交代から1年経ったが、民主の政策は当を得てなくて、国民は失望感を増幅した。海の向こうのアメリカでもオバマに対して同じような失望感を感じているようだ。遅々として改革は進んでいない。この国でも全く同じである。それだけ事は深刻であり重大かつ問題は根深い。
 それだけ根深いものが、1年くらいで解決するものではないが、今のままでは国民は納得していない。その加減が民主党はヘタである。また本当の解決を知らないのではあるまいか。
ただ怖いのは国民の自民帰りである。民主のヘタ加減で愛想をつかし、元の黙阿弥では何の為の衆議院選挙だったのか、政権交代だったのかと思わずにはいられない。折角の政権交代で国民の目覚めだと思っていたのだが、そうではなかったのか・・・。
posted by ぐんぐん at 08:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

おせっかいの美学「てっぱん」

 先月から新しい朝の連続ドラマ「てっぱん」が始まった。
前回の「ゲゲゲの女房」が好評だったので、入り込めるかなと思っていたのだが、主人公の好演でなかなか好調である。
 このドラマのキーポイントは「おせっかい」であろう。私もご多分に漏れずその部分があるが、主人公は若いも関わらず、おせっかいである。今時の子にしては珍しいタイプかも知れない。今、下宿屋におばあちゃんと暮らしているところだが、この下宿屋の主人は究極の他人と関わりを拒否している人である。しかし何故か下宿屋を生業としているのだが、回が進むにしたがってそこら辺が明らかになるであろう。主人公のあかり以外はどちらかといえば人との関わりを好まない人々である。
 あかりのここでの生活の中で、人から言わせればおせっかいをしてしまうのである。おばあちゃんは事ある事に「他人の事に首を突っ込むな」という。しかしあかりはその他人の事に首を突っ込むのである。舞台はこてこての大阪が舞台である。言わばお節介の極地のような場所である。その大阪でも今はこんなであろうか、まるで東京の渋谷の人混みを見ているようである。
 今週のドラマの展開は下宿屋の人々の交流が描かれるようだが、言わばおせっかいを見せてくれるのであろう。おせっかいと言うとあまりいい事のようには言われないが、それも色んなタイプがあるようだ。あかりがする行動はおせっかいと言うよりも自分の生き方の中でなくてはならない生活の一部、肉体というものかも知れない。これまで生きた尾道のなかで染みついた生活の知恵なのだろう。
 あかりの生い立ちもおせっかいの極地なのだから仕方ないが、そのおせっかいの中で今まで生活を送ってきた。しかし人間の生活のなかで欠かせないプロセスなのであろう。これがなくては人の生活はとても味気ないものになるであろう。言わば我々の生活はお節介で成り立っているようなものだ。人はこの味付けで成長し育っていくものかも知れない。
 半年このおせっかいを見ていくことになるのであろうが、今の私は毎回何故か涙を浮かべながらこのドラマを観ている。おせっかいと言えば言いすぎかも知れないが、このドラマというか、人間味ある等身大のドラマは何故か毎回見逃せない。
posted by ぐんぐん at 09:06| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

年収200万以下か!

 いやはや世の中色んな事がありすぎるし、起きすぎる。
しかしお金が万能ではないが、必要な物である。赤旗に年収200万以下の人が4人に1人だと書かれてあった。当然ながら私もその中に入るわけで、09年1100万人にもなるという。言わばワーキングプアーと言われる人になるわけだ。
 記事によると、ワーキンプアー層の増加が目立ち始めたのは99年に労働者派遣法が改定されてからとある。自民、公明、民主、自由、社民の各党は法案に賛成し、反対したのは日本共産党だけだった。
04年には製造業にも解禁され、さすがこれには民主、自由、社民も反対に廻った。
その後はご承知の通りで、右肩上がりに年収200万以下の国民が増加した。この調子だとまだまだ200万以下の人はまだまだ増加するであろう。
このことをこの階層を作り出した政治家たちはどう考えているのだろうか。大企業はこれで大儲け。年収2000万以上の言わば富裕層は増加した。それならその部類に入れば良いではないかと言うが、そう簡単に入れるわけない。人は一生懸命働けばそれなりの収入が得られるのがまともな世の中であろう。お金儲けよりもっと大切な物や事が沢山あるが、まともに働いてもワーキングプアーどころか、住む家も確保来なくなってしまう。昔から世の中そう簡単ではないが、働くのにまともの生活が出来ないのはどうも納得ができない。そんな世の中を作ったのは一体誰なのであろうか。自民、公明他各党の責任は重いが、それらの人に投票した人の責任はもっとあるのではないかと思う。私も人に責任転嫁は良くはないが、今回の参議院選挙で「みんなの党」の躍進もその延長上にあるのではないかと思う。「みんなの党」が一体何をしたし、やったというのであろうか。それなのにあんなに票が取れるなんて我が眼を疑った。
 やはり国民が目覚めないとこんなことが繰りかえされる。消費税が上がったって、福祉や国民生活が楽になるわけがない。この20年が証明している。大企業批判だって、ちゃんと理由があるのに、耳を貸さない国民がいるのも確かだ。
 私は自営業なのでワーキングプアーは自己責任だが、ちゃんと働いているのに年収200万以下はどう考えてもおかしい。
posted by ぐんぐん at 20:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。