2010年11月30日

これで沖縄は変わる!?

 イハさんは残念であったが、これで今までの沖縄からもっと変わると思った。
得票差は6万足らずであったが、沖縄を2分した選挙戦を考えれば僅かな票差だったといえよう。
争点は米軍基地の移設問題であったが、仲井間氏も当初辺野古への移設を容認であったが、沖縄県民の熱い気持ちに気をされて反対を表明せざるを得なくなった。それは沖縄の現状を日本国中に知らしめることになったし、仲井間氏も考えざるを得なくなったということだろう。争点は反対と要求とに分かれたが、何となくぼけてしまった感がある。県民もそれなら大きく差がないと言うわけで仲井間氏に投票したかも知れない。しかし、情勢はもっと大きく進んだ。同時に行われた宜野湾市の市長選では伊波前市政を継承した前副市長の安里氏が自民・公明推薦候補を破り当選したのである。
宜野湾市は県知事選でも市長選でも基地NOの判断を下した。
 今回の知事選で仲井間氏は県外移設と言わざるをえなくなった。選挙では負けたが、これは大きな前進であろう。県民全ての人がこの声を聞いたのです。政府も米国もこれで考えざるえないだろう。
 昨日、先輩が先日の北朝鮮の一般市民の砲撃が選挙結果にも大きく響いたと言っていた。あんな事が起きるから米軍はやはり必要だと思ったであろう、というものだ。なるほどそういう事もあり得るなと私も思った。私にははっきり判断できないが、国民や県民はそう考えるものだろうか。
 しかし、この問題はどこに行き着くのであろうか。結局は日米安保条約にたどりつくであろう。沖縄返還から40年を経てやっとここまで来たのだが、その道のりはまだまだ苦難と犠牲の上に続くのであろうか。
posted by ぐんぐん at 13:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

負の連鎖はもうまっぴら!

 えらいことが隣の国で起きている。勿論、北朝鮮の砲撃だが、ここまで来ると事件どころではない。まさに準戦時体制と呼んでいい。何でこんなことをするのか、色々論議されているが、どれも当たっているよう怖い。
しかし、北朝鮮はこんな事をして何の得があるのだろうか。国際社会からの乖離もはなはだしいし、頼みの中国もこれ以上はかばいきれないだろう。とにかく一色触発には違いないし、とても危険な状況に変わりはない。こんな状態でも、米韓合同演習は実行するのであろうか。米韓はそれぞれ言い分はあろうが、このことが、このような蛮行をしでかした要因ではある。演習は北朝鮮のはるか南で行われるらしいが、中国も面白くないようだ。しかしそれと言っても許されることではない。韓国側は死人もでている。北朝鮮側は「米国の敵視政策が引き起こした」とも言える論表も出している。ここまで来れば、水掛け論もいいところだ。何を言っても北朝鮮は自分の有利にしか考えないであろう。
 私の思うに、米韓とも合同演習は控えるべきだ。そのために勝手な言い分の口実を北朝鮮に与えてはいけないと思う。人の家の前で軍事訓練をされては怒るのは当然の成り行きだ。中国だっていい顔はしない。そもそも日本もよく軍事訓練を米国とするが、果たして良いことなのだろうか。
 負の連鎖は限りなく起きてくる。難しいことは私には判らないが、戦争を起こさない、荷担しないと誓った国が、同盟国としても、軍事訓練をすることが許されることなのだろうか。有事が起こらないようにするのが、国の役目である。では一方的に殴られっぱなしなのかと問われるが、究極的にはそうである。しかしそうならない方法が必ずあるはずである。それを見つけ実行するのが、国や政府の責任であろう。
 今、朝鮮半島は緊張に包まれているが、何とか克服して欲しいものである。
posted by ぐんぐん at 21:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

広島県知事は・・・!

 広島県知事はTPPに賛成を表明した。彼が言うには広島県は貿易立県だから、賛成だという。
果たしてそうだろうか。確かに日本は貿易で利益を得ている所はあるが、それが全てではないし、貿易だけが、日本の生き残る道ではないはずだ。これまで貿易大企業は関税が掛かっても法外な利益を上げてきたし、日本もそれに大して減免免税処置などもしてきた。
TPPのよってもっと多くの利益を上げようとしているが、ご存じのように農業などは壊滅的な打撃になるようだ。TPPのメリット、デメリットが盛んに問われているが、そんな問題より税金がかからない物などまともではないと思う。物を作るにあたって価値が出来て、それを売ることによってそのものに相応しい価値が決まり、、国民の為に使われる税金が産まれると思う。このまま行くと税金が0なら、利益に対しても税金がかからないように最後には要求されるように危惧する。実際、世界では税金がかからない国も現れた。それがまともな民主国家と言えるだろうか。
 物事、安ければいいものではないはずだ。安全で安心できるものを口にしたいし、受け入れたい。関税0だと、より安い物が売れ、そんな安全性など無視されてしまうであろう。関税は単なる自国の利益だけでなく、全ての面の安全弁となっていると思う。
 広島の県知事の言うことは判るが、メリットを優先することによって、潰れたりする者が現れる事には賛成しかねる。どちらを優先することではなく、双方が並び立たねばならないといけないと思う。TPPはあらゆる面におけて、あまりにも大きな損失が待っているような気がする。古今東西、何にせよ、こんなに反対されて上手くいった例はない。もし日本がそれに巻き込まれたなら大きな失敗があるだろう。
 ちょっと暴言だが、財界の要望していることは今までろくなことがないではないか。今までの歴史が証明している。
posted by ぐんぐん at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

混迷する日本

 ネット時代に突入するも、まさか危機管理までに発展するとは、長生きするものだ、いや長生きするものではないと思っている方も多いだろう。
昨日から盛んに中国船の衝突映像が、TVにおいて流されているが、かく言う私も、ネット上でその映像をYou toubで確認したのです。結構長々といくつものパーツに分かれていたので、全部は見ていないが、誰かが、どこかでcopyしたのだろうか、サイバーに勝手に入り込んだのだろうか、映像にsengokuとあったのがおかしかった。しかしこの名前を使うのだから、よっぱど頭にきていたのだと推察される。
 ネット社会を認識するのはそれについて誰でも書き込みが出来ることだ。なるほどと思わす書き込みや意味の判らぬのもあるが、大概は今の政権や団体を揶揄したものだ。書くのは勝手とばかり、何だか怖くなるのが多い。
それにしてもこの手の書き込みはあまり関心しない。ほとんどが暴力的で、過激なのが多いのも気になる。政治に関心があると言えばそうなのかもしれないが、一方的すぎる意見も見られ暴走しそうだ。まあ私もそんな気があるから人の事は言えないのだが・・・。
 こうなったのも、やはり民主党、政府の影響だと言える。盛んに自民党などが政府を叩いているが、自分達だって大して変わりはない。しかし今の政府も尖閣諸島のことも中国に対して弱腰と言っていいほどの対応だし、漁船の船長釈放にしても、当事者の役所のせいにして、知らぬ存ぜぬの姿勢だった。
今回のビデオを非公開にした事もこんな事態を引き起こした要因だろう。勿論危機管理の問題はあるが、こんな時代ネット事故などは当たり前だと思う。誰が流出させたかが問題ではない。責任はこんな事態を引き起こす引き金になった政府にあるのだろう。あながち書き込みを非難は出来まい。
 TVドラマの「24」などを観ていると、ネット社会の暴走があからさまになっている。あれはドラマではかたづけられない内容である。このビデオ流出もサイバーに侵入したことも考えられる。誰かがこっそりコピーしたなんて怖くて出来ない。もしそれが出来たなら、それこそ危機管理を問われかねない。
 どちらにしろこんな事で簡単に人や政府の信用がなくなってしまう世の中に突入していることは確かだ。時代は一昔ではなく確実に進歩ではなく、不確かな時代に入り込んでいる。日本の政府、政治家もちゃんと対応しないとどんどん国民は政治から乖離してゆくだろう。この事件が一つのきっかけとなるだろうと推察する。

posted by ぐんぐん at 06:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

米価暴落

 このところ米価が下がっているちう記事が赤旗で書かれている。
この内容はもう随分前から言われているので、気にはなっていた。お米は私が幼いときから家の前が田んぼだったので、手間のかかるものだとは知っていた。
記事によると、1俵・60キロが1万6700円がボーダーラインでそれを切ると赤字らしい。東北地方では1万円を切っているところもあるそうだ。これでは作れば作るほど赤字になる。日本人の主食であるお米がこんな状態でいいのだろうかと心配する。
 赤旗によると、10年前食管法の改正以来米価が下がり続けているようだ。色々問題があった食管法だが、この法律が農家の米価を下支えしていたことは間違いないようだ。それを廃止して市場原理に任せたのだが、農家の弱いところをついて米価の暴落を招いている。
元もと農業は国の根幹をなすものである。アメリカでも農業は市場原理は問題があると、一旦廃止した不足払い制度を復活させたとあった。人の口に入る物である。安全、安心して食べるものでなくてはならない。その為には安心して農業に従事してもらわなければならない。
新聞を読むとどうやら日本の農業はそのような現状ではないようだ。民主党も農業政策をしているが、ただ単にお金を配ればいいものではない。プライドと誇りを持って農業に従事してもらいたい。
 大企業も農業に関心があるようだが、ただの儲けではなく、日本の食を考えたもので取り組んで欲しい。お金儲けの発想でこの農業に働きかけは止めてもらいたい。
米価暴落もその動きが作用しているようだ。手間と労力を掛けてやっと口に入る物だ。責任と義務を持ってこの事に取り組んでもらいたい。そうしないと本当に日本の農業はダメになってしまう。
posted by ぐんぐん at 18:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。