2010年12月06日

今の話題は

 連日賑わせているウィキリークスだが、様々な問題を持ちながら面白いものが出てきたなという感じ。
どうやらサイバー攻撃で閲覧不能になったらしいが、国家にしては目の上のたんこぶのようだ。
政治を司る人にとって、あるべき姿を移す鏡のようだ。国民に隠し事をしたり、悪口を言ったり、相手に不信感を与えるような言動をしたりすることは、自分の顔に唾をかけるようなものだ。
まだ、公開している内部告発文書は見たことはないが、真実のことを知らせてくれるなら、この情報も貴重ではある。しかし、この情報を得るために違法な事をしたり、わざとウソの情報が流されたり、真意のほどは全く判らない危険性もはらんでいる。
 これまでの政治情勢は多分に政治の情報操作がなされて私たちに流されてきたであろう。ある意味妥当でもあるし、国民をバカにしているとも言える。
このウィスキークスの情報が確かならいいが、そうでないととんでもない事だと思う。政治家たちは一応に不快感を示しているが、特にアメリカの政府は嫌であろう。只の悪口なら一笑に付されるが、この国はそう簡単ではない。政治のバランスがそれこそ微妙なところでとられているからである。
日本でも過去、毎日新聞の記者が政府の内部文書の公開でも、最終的には男女問題にすり替えられたし、国家はそれらのもみ消しには手段を選ばぬ姿勢を崩さないであろう。
むしろ隠さなければならない政治のほうが問題であろう。歴史はそれを繰り返してきて、いつか真実が明らかになる。その間に犠牲となる人は哀れとしか云いようがない。またそれが、内部文書として残っているからどうしようもない。
 このようなことが起きるのも現代だからこそであろう。政治もついに三面記事や週刊誌的になったと言えよう。昔あったフォーカスやフライデー的に政治が扱われ、何だか政治がアホに見えてくる。その危険性をこのウィリークスは胎んでいる。しかし興味はある。どんなことが書かれてあるのか。和訳はないものか。
posted by ぐんぐん at 08:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。