2009年08月25日

ほんまかいな?2

  地元紙によれば、衆院選に関心が「ある」と回答したのが90%近くあったらしい。これは電話の世論調査だから、あまり信用はおけないが関心の間違いないと思う。しかし関心の高さと投票に行くとは全く別物だ。歩いていくのが大変だとか、用事ができたとか、面倒だとか、色んな事を並べ立てて投票しない人が実に多いことか。たぶん投票率は良くて60%くらいであろうか。それでも高投票率である。
  私が幼い頃は、衆院選は70%を優に超えていたと思う。それが、政治に関心を持たさないように自民はしてきた。国民もそれに応え、関心を失った。近頃は良くて55%くらいで有権者の半分近くは選挙にいかなくなった。先も書いたように関心の高さと選挙に行くとは別ものである。
  以前、別なブログでも書いたが選挙に行くと何か喜ぶ物を貰えたらよい。物で釣るのは感心できないが、それも一つの手である。物でなくとも、サービスを受けられるとか、何でもよい、やはり優遇はされるべきだ。私は自慢ではないが選挙は欠かした事がない。
  昔は不在者投票するのも大変だった。うるさく色々聞かれたり、手続きが面倒であった。それに引き替え、今の期日前投票は随分と易しくなったと言う。それぞれ地域に応じた選挙対策はしても良いと思うのだが、どうだろう。
posted by ぐんぐん at 07:37| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
選挙には期日前投票も含め欠かさず出向くが今回は困った(困惑)
投票所に行っても、さて投票したくなるような立候補者も政党も今のところ無し(皆無)
それでも、棄権だけはしたくない(積極)
白票か、それとも絶対入れたくない候補者と政党から消去法で消していくか(懊悩)
ぐんぐんさん、こんな時ゃどうします(質問)
あ〜悩む(優柔)
Posted by 同期のチューバ at 2009年08月25日 19:45
 私の選挙区は4区です。ですから支持する小選挙区の議員はいません。だから確かに悩むところです。以前、市会議員選挙でもそのようなことがありました。だから仕方なく地元議員に入れたことがありましたが、あとでとても後悔しました。支持する人がいないなら無理に決める事はないと思いました。だから私は白票です。そのほうがよっぽど責任ある行動だと思います。白票でも選挙にいったことには違いありません。
 余談ですが、昨日志位委員長が本通りで街頭演説をされました。丁度定休日だったので聞きに行きました。それはもう素晴らしい内容でした。日本は本気で変わらないとどんどん世界から置いてきぼりをくらいます。だから私は迷わず比例区の政党は決めています。
Posted by ぐんぐん at 2009年08月26日 06:19
>ぐんぐんさん

そうですね
信念をもって投票する候補や政党がなけれぱ白票
何となく投票して、後で後悔するより余程良いですね
白票は立派な意思表示だと思います
Posted by 同期のチューバ at 2009年08月26日 19:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。