2009年08月31日

とうとう政権交代

  民主の文字通り「圧勝」で政権交代になった。鳩山首相の誕生だ。
しかしこんなに差が出るとは予想されながらも思わなんだ。まるで4年前の真逆を見る思いだが、政党選択の問題だから、これが国民の選択なのだろう。
  そして投票率が70%にせまるには驚きと、関心の高さを感じたが、私は前回も50%代だと勘違いしていた。今回は投票率は2ポイント上がったそうだ、私の認識不足でした。私は奥さんと両親とで早朝7時半に投票に行った。そしたら投票に来られた人も結構おられた。これにもちょっとびっくりだが、涼しい時に行ってしまおうと思われたのだろう。お昼も暑かったから正解だった。
  民主党はこれからが大変だろう。ばらまきと言われる政策、マニフェストを実行しなければならない。昨日当店に来られて一緒に開票を見ていた奥さんが、これから子供の手当が出ると言われていた。国民は忘れてはいない。しかし我々は子育てが済み、色んな控除が外されては困ったものだ。何故お金をあげますではなく、生活や学びやすい環境を整えないのであろうか。マニフェストを読むと民主も愚策のオンパレードだ。それにこれから高速道路も無料だと喜ばれていた。本当に無料にするのであろうか。ある党が言ってたように、福祉を充実したほうがよっぽど良いと思うのだが、その願いは届くのであろうか。この危ない政権もしっかり見つめていかないと、自公政治と大差はないと私は思う。
  しかし、この圧勝劇、もっと検証しないといけないのではないか。そして鳩山さんは、国民の目線で政治をしないと、今度は政治離れが加速する。
posted by ぐんぐん at 06:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。