2009年10月30日

予算案が難産だ

  臨時国会で、各党代表質問がされているが、やはり赤字国債はいただけない。マニフェスト通りにいくと40兆円も債務超過らしい。これからどれだけ何を削減するかが問題だろうが、国民中心の政治は貫いて欲しい。しかし性急なものとそうでないものとに分けるべきだろうが、これまで自民党政治がいい加減な政治を続けた膿はそう簡単には出せない、というのが現状だろう。想像以上に困難だ伴っている。
  日本国中が利権と制約でがんじがらめにされて荒療治が必要だが、それもため息が出るくらいの作業だ。ヨーロッパの国々も様々な困難からようやく抜け出しつつあるように、大変な作業をして今に至っている。日本もまだ緒についたばかりだ、頑張って欲しい。しかし悪いところは悪いと言わなければならない。
  A紙を読んでいると、自民党議員が臨時国会で「最低賃金」「製造業の労働者派遣禁止」について、「企業の国際競争力をそぎ、産業の空洞化を加速する」と言ったと書かれてあった。そして法人税も軽減すべきと言ったそうだ。自民党はまだ反省も何もしてはいない、今を招いた過程と結果をどう思っているのだろうか。またこんなことも書かれてあった。ヨーロッパに進出した企業は現地では派遣労働者と正社員の均等待遇のルールに従っていると。これは何を意味するのだろうか。ヨーロッパの国々はちゃんと国際的にも競争力を身につけ当たり前の利益を得ている。しかし日本は無茶苦茶な働かせかたで暴利を得ている。日本の国益や労働者のことなど二の次だ。儲かりさえすればどうでも良いと思っている。企業は社会においてどのような責任があるかをちゃんと肝に銘じるべきだ。過剰な安売りや儲けは多くの人を泣かしていることを忘れないで欲しい。そのことを今自民党は考えるべきだ。
  この発言のように、今でも自民党は国民のことなど何も判ってはいない。視線は大企業に向いている。やはり次の参議院選でも大敗するであろう。でもそれも民主政権のこれからにかかっている。
posted by ぐんぐん at 07:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。