2009年12月08日

死活問題だぜ!

  今年もあとわずか!我々自営業は1年の締めくくりを迎えている。1月から12月で締めて次の年に3月に確定申告をする。儲けから経費を差し引くのだが、その中に扶養控除という項目がある。私の場合は奥さんしかいないので、扶養としているが、その金額はわずか38万円である。しかし私のような零細な食堂では、その38万円でも大変な金額である。それを民主党は廃止しようとしている。そもそも一人働くのが38万しか認められないのが不思議だ。ひと月に換算しても3万しか働きを認めてくれない。そんな馬鹿な話はあるかと頭に来ていたが、民主党はそれさえも認めないというのだ。取りやすいところから取ってやろう言うのかも知れないが、この税は連動しているから始末が悪い。もちろん所得税も国民健康保険料も上がってくる。負担増は目に見えてくる。まさに死活問題である。
  低所得者こそ応えてくる。収入が高い人はわずか38万位は問題ではないが、収入が低い人こそ厳しい。民主党のマニフェストを実現さすために庶民を泣かせてどうなる。もっと削減さすところは幾らでもあるだろう、情けない・・・。もっと国民の為になる改革をしなければ自公の後追いにもなりかえない。しっかりしろと言いたい。わずか38万円でも大変な自営業もいるんだぞ。
posted by ぐんぐん at 20:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。