2009年12月22日

何でも遅い!

 もっとテキパキ動けないものか!今の政府だ。法案は決まっても実施はもっと先だ。しかし生活や病気はじっと待ってはくれない。今でも派遣村は次々と作られており、相談者は後をたたない。先日、友人が来てその話をしていたが、所持金170円しかなく、相談会に来られた人がおられたという。早速、生活保護の手続きをしたらしいが、もう生きるか死ぬかの瀬戸際だ。それらの予備軍が何十万とおられる、悲しいことだ。
  今の政府は言うことは良いことを言うが、本当に取り組みが遅い。派遣法でもやっと大まかな骨子が決まっただけだ。それを実行するとなると半年はかかる。実際財界はそうすんなりと動かないだろうし、何だかんだと言って同じ事を繰り返すであろう。肝炎対策でも、せっかく法案は通ったのに実施の中身が遅い。私の長男もB型肝炎を患っていて、今も病院へ治療に行っている。治療費も毎月5万円以上もかかり大変だった。それがインターフェロン治療も自己負担を月1万円に抑えることにしたと言うが、予算は通っていないようだ。予算などは後でもよいから、早く実行して欲しいものである。病気は早く治したいから病院に通うのだ。お金は後から出せば良い。万事がこの有様だ。法案は通しても予算が伴わなくては絵に描いた餅だ。
 後期高齢者医療制度も何故改正実施に4年も掛かるのか、訳が判らぬ。こんなにもたもたしていると、来年の参院選は今年のようには行かないだろう。だんだん民主党の実態が明らかになっていく。
posted by ぐんぐん at 06:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。