2009年12月25日

あんなものだろう!?

  首相が「国民におわび」をした。勿論、辞任は否定。元公設秘書は在宅起訴だ。たぶんこれで幕は引かれるであろう。額が額だけにちょっと唖然とするが、大金持ちのお坊ちゃんだから、このくらいのことはあって当然と思う。我々と同レベルであるはずがない。私はそんなことはどうでも良いと思っている。母上から何億円貰おうがそんなことは知ったことでない。私たちの1万円が彼らの世界は1億円ということなのだから。
  私たちが望むのはちゃんと働けて、普通にまともな賃金を貰い、健康にすごせる社会だ。民主党のマニフェストは自民党時代のそれとは明らかに違っていた。少なくともそれを期待して国民は投票したはずだ。
  普天間問題でも鳩山さんは少なくとも迷っている。結論を出せないのも、どうにかしたいと思っていると私は思っている。たぶん元の黙阿弥であろうが、少なくとも結論はすぐには出さなかった。彼は共産党とは違う、民主党員なのである。そして国民が安保維持を示しているのに、そう簡単に基地撤去など言えるはずもないのである。しかし自民党なら簡単に辺野古へと言えるのである。結果は同じでも違いは明らかである。
  政権から100日だそうだが、見込み違いや思惑違いはメチャクチャある。それも今まで自公政治や保守政治がしてきたツケであろう。色々思うが保守政治(民主党も保守だが)が一朝一夕で改善できる訳もないが、早くして欲しい事も山とある。これは国民の責任でもあろう。我々が今までやって来たことのツケでもあることは確かだ。
posted by ぐんぐん at 16:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。