2010年01月04日

早く医療体制の確立を

  暮れの31日次女が病院のお世話になった。そう言えば昨年も風邪を引いたのか新年を迎えた2日に三原に帰って病院に行ったこともあった。今回もどうやら腸炎のようだった。しかし市内に住んでいて舟入病院は非常に助かる、心強い限りだ。新聞によれば山間救急医療が大変だと書かれてあった。医師不足と赤字で苦しんでいる。医療即命と直結する。それこそ行政の問題だ。
  患者のたらい回し問題や産科の不足など問題は山積しているが、これも今までの医療行政のせいだ。国はもっと計画的に医師や配置を考えて欲しい。これまでの報道を見ていると、いかに医師に頼り偏った医療が判る。もっと満便なく万全の体制がとれるように医師会としっかり連携をとって取り組んで欲しい。
posted by ぐんぐん at 10:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。