2010年02月15日

大したものだ!

  上村愛子さんの特集がやたら放映されている。もしメダルでも取っていれば、気持ちよく、抵抗なくその番組を見られたかも知れないが、ちょっと残念で気の毒で仕方がなかった。せめて銅メダルでも良いから取らせてあげたかった。しかし勝負の世界は温情や思い入れでは動かぬもので、とてもシビアな世界だと言うことを今回思い知ることになる。
  昨日のお昼はその競技モーグルに釘付けだった。日本中そうだったに違いない。娘などはライバルの選手に転けろと叫んでいた。ちょっと不謹慎だが、勝負事とはそんなものかも知れない。いけないと思っていても、心の底ではそんなことを思っていたかも。しかし競技や勝負事は気まぐれで思うようにはなってくれない。決して甘くはなく、こっちの思惑など関係なく非情である。
  しかし上村さんは全力を出したと思う。我々が考える以上に精神は気高い所にあり、結果が全てではないところ昇華しているのだろう。だが我々以上にメダルが欲しかったのも彼女だろうが、番組を観ている私たちにその一部だが、それを感じさせてくれた。とても厳しいが羨ましい生き方だとも言える。
  人生とは折り合いをつけることだとも言えるが、彼女の歩んだ道はメダルの獲得で一応の決着が着くはずだったのだが、そうならなかった。今激しい葛藤と満足感とが交互に訪れているだろう。しかしその高みは既に得ているのではないかと思う。我々凡人以上に優れた感覚や感動を味わったはずだし、国民をここまで引っ張ってくれた競技生活だったと思う。それだけで充分金メダルに相当するし、価値があると言える。人生これからのほうが長いから忘れ物がなるべく少ないほうが良いのだろうが、忘れ物をするから人生なのかも知れない。私は悔いや後悔のほうが多い人生を過ごしてきたが、上村さんはもうこれ以上ない位に競技については努力したはずである。競技者としてとても幸せな人生だったと思う、羨ましい限りである。そして今回のオリンピックは競技の記録や内容以上に人間模様を伝える中継だったらと思う。
posted by ぐんぐん at 16:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。