2010年04月20日

時節がら

  時節なのか、にょきにょき新党が出来ています。正に雨後の竹の子のようです。今年は竹の子が豊作なのか、よく貰います。関係はありませんが、こんな現象は昔ありました。何年前かは忘れましたが、その時も新党ばやりでした。しかし数年後はそれも淘汰されついこの間まで、2大政党だとうそぶいていたのにあれは一体なんだったのだろうかと思います。しかし日本の国民もそれについて行きたがるようで、また性懲りもなくそのブームに乗っかりそうな雰囲気です。国民も今度もその雰囲気に乗るのでしょうか、少々心配ですが、その感じはいっぱいです。どっちにしても新党も民主党や自民党と言っていることは大差はありません。いやむしろ彼らより過激です。憲法改憲を言ったり、堂々と消費税を上げると公約したりしています。国民の願いや希望とはますますかけ離れていると言っても間違いないでしょう。
  彼らの言っていることに共通点があります。まず財界べったりなことです。まず大企業のご機嫌をそこねないと懸命な姿勢がみれます。まずやらないと行けないことはちゃんと本来のあるべき姿に企業を戻すことです。あのトヨタでも下請け泣かせで有名でした。下請けは単価をギリギリまで切り下げられ、泣く泣く仕事を続けていました。昔江戸時代に百姓を絞りきれるまで絞っていました。それをこの平成の時代でもしてきたのです。それを世間はトヨタ方式などともてはやし礼さんしてきました。今でも下請け泣かせは続いていると聞きます。そのやり口を政治家は正さなくてはいけないはずなのに、それはこっちに置いといて政治手法やいらぬ改革ばかり言っています。はたしてそんなのでいいのでしょうか。前も書きましたが、新党ブームは本質を隠す感じでとっても危険な香りがします。
posted by ぐんぐん at 10:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。