2010年06月08日

さて、お手並み拝見

  と言う風な傍観主義ではいけないが、菅新首相になってどう政治が変わるであろうか見物である。菅さんは首相に指名されて本当に嬉しそうだった。本当に天下をとった気持ちだったであろう。若いときからそれが目標だったようだから、本当に政治のトップに上り詰めたのだから、本懐だったであろう。
  しかし喜んでばかりはいられない。これから死にたくなるよど苦労するであろう。余りにも問題が山積されている。しかし彼だから成し遂げられることも沢山あるだろう。金権とは縁がなかった男だと思うが、それ故出来ることもあるだろう。私はそれに期待するが、民主党内部でも色々雑音が聞こえて来る。まるで自民党の内部抗争のようなことも見えてくる。そんなことでこの内閣がつぶれて欲しくはない。民主党内部が変わらないとまたもや短期内閣で終わってしまう。
 これまではお坊ちゃま内閣だったが、真の草の根内閣の誕生であって欲しい。そうでないと日本は政治には関心がなくなってしまう、瀬戸際だと思う。菅さんもそれは感じているだろう。自分で悪い流れをくい止めなければと思っているだろう。それには消費税を上げてはいけないし、大企業と対等に物が言えないとならないし、米軍の基地一つくらいは無くして欲しい。医療問題もあるし、教育問題も山積みだ。勿論景気を上げないといけない。書けばきりがないくらいだが、一番しなければならないのが、国民の暮らしの問題だ。ちゃんと働く場所を確保して欲しい。まともに働けばまともな生活が保証されるような社会を構築して欲しい。物をあげます、お金をあげますではなく、ちゃんと働く意識を持たせて欲しいだけだ。そうすれば社会への参画も日本人もおのずと持つであろう。誰もがちゃんと働ける、暮らしができる社会が欲しいだけだと思う。
  これまでのお坊ちゃま内閣とは一線を画して欲しいのだが、本当に大丈夫かな、菅新首相は・・・・。
posted by ぐんぐん at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。