2010年06月18日

凄かった!カメルーンの猛攻

  日本の勝利は嬉しいけど、サッカーのことは詳しくない私でも、あの後半カメルーンの攻撃には眼を剥いた。特にロスタイムの4分間は日本チームは生きた心地もしなかったのではないかと思う。
しかし日本チームのキーパーのファインセーブやデフェンダーの体を張った守りやボールに対する集中力は凄かった。私はこれほどサッカーに対する面白さや怖さを見た覚えはなかった。あの江夏の日本シリーズの時の21球に匹敵する恐怖心と興奮だった。
あれで、日本も真のワールドカップの怖さと、また自身のサッカーの対して自信を貰ったと思う。それほど世界での1勝の重みを感じられた勝利だと言える。観ている私たちも勝つとはこんなに難しい事かを思い知る。
  確かに守りは良かったと思うが、世界クラスだと日本のサッカーはまるでまだ小学生のようだ。それでも組織で何とか勝てる所まで行けるが、それ以上は今のままでは無理なような気がする。
確かに11人でする団体競技だが、ボールを持てばたちまち個人競技に変わってしまう。そんなこと当たり前だが、組織サッカーは一人が狂ってしまえば、たちまち破綻してしまう危険性が潜んでいる。個人競技では劣ってしまう日本人にはこの形だ一番良いし、似合っているのだと思うから、あのフランス人のトルシエ監督もその道を選んだのだろう。だから1次予選を突破したのだと思うのだが、ブラジル人のジーコ監督は個人の特性を尊重して全敗した。そのレベルまで日本は達していなかったのだと言える。
  しかし、先日のサッカーは後半カメルーンは守りを上げて怒濤の攻撃を仕掛けてきた。まるで日本チームは攻撃のきっかけさえも掴めなかった。
その辺りが組織サッカーの限界が見えたような気がする。
明日はいよいよオランダ戦だ。日本のチームがどう戦うかは、見えるような気がするが、想像力豊かな意外性のある闘いを望む。ボクシングでも意外性のあるボクサーが意外と勝つ可能性が秘めている。相手が面食らうようなサッカーを見せて欲しいものである。
posted by ぐんぐん at 07:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。