2010年07月12日

結果が出たが果たして・・・

 予想通りというか、情けない結果が出た。
私の応援している日本共産党は1議席減だった。これも情けないというか、とても残念だった。
いわゆる自民党とみんなの党以外は軒並み微減だが、元々現有勢力が少ないから1議席減でも大きな後退であろう。
 しかし愚痴になるが、何故みんなの党などに支持が集まるのであろうか。私の固い頭では理解できない。ほとんど活動実態のないマニフェストだけの政党だ。言っているのことは小泉政権の時のような焼き直しにしか見えない。でもそんな党に人気が集まる。渡辺代表がやってられないと自民党を飛び出して、作った党だが、言っていることは、自民、民主と大差はない。一応対立姿勢は保っているが、そしてマニュフェストに書かれていることはとても過激でもある。しかしこれらのことは時間をかけてじっくり取り組んでいくことで性急に事を進めるべきではないと思う。結局想定範囲内で、あれもやりますこれもやります、とかけ声倒れしそうな公約ばかり書かれてある。それは民間ベースで全て行い、民間万能主義で事が収まると言いたげである。
 果たしてそうだろうか。民営化で全て上手くいくとは私には思えない。
まあそれは良いのだが、どうしてこう新しいものに日本人は飛びつくのであろうか。公務員を悪者にして、口当たりの良い物にする。議員定数も減にして国民の要求をくみ取れるのであろうか。確かに働かない議員もいる。しかし議員は国民の要望や要求の声を取り上げて生活しやすい国作りには欠かせないものである。決して世界的に見ても議員数が多いとは統計的にも出ていない。むしろ国民内に悪者をつくり、そちらに国民の鬱憤を持っていくやり方はとても危険な臭いさえする。私にはみんなの党はそんな臭いがするのである。
 参議院選ではこのような結果が出たが、日本は出口のない迷宮に陥ったような気がする。これまで多くの党ができ、離合集散を繰り返し、消滅もした。その間日本は少しでも良くなったであろうか。暮らしにくい辛い国になったのは間違いないようだ。
posted by ぐんぐん at 15:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。