2010年07月27日

辻元氏の離党に思う

  只でさえ少ない議員数の社民党を辻元氏が離党した。
報道によると参院選敗北とか、執行部への不満があったらしいが、社民党にとっては人気の議員だけに
痛いであろう。こんな時こそ党内や議員が一体になって事に当たらなければいけないときだと思うがどうなんだろう。
元々社民党も右傾化やあちこちよそ見をしたり、離合集散を繰り返してきた歴史がある。今で言うぶれる政党なのである。福島党首でも良く党首をやっているなぁと感心することがある。土井さんの後を受けて党首になったのだが、彼女に社会主義の思想があるとは思えない。元々社会党だから、その思想が根底にあると思うのだが、そんなことは今の社民党には関係がないらしい。それはそれでいいのだが、辻本氏にもその傾向があったと思う。とても曖昧模糊なのが社民党なのである。私も詳しいことは知らないが、今の民主党と自民党、そして社民党もやっていることは大差はない。いや確かに言っていることは違っているが、いざ当事者になると何故か腰が砕けてしまうらしい。
  今回の参議院選では、私はもう少し議員数を伸ばすと思っていた。連合政権を投げて基地問題を貫いた。それはそれで評価することと思うのだが、それが党勢拡大には繋がらなかった。ある意味国民に裏切られた格好だ。国民は沖縄に基地を作らせないという路線では仕方ないと思ったのである。少なくとも沖縄では自民党の軍門に下った。
  辻元氏からすれば、国民の支持は得られない、政権とは離れる。一体どうすればいいのだろうと思ったに違いない。(私の勝手な推測だが)社会主義への標榜を持たない議員だとそうなるであろう。思想も目標もそこにはないのだから・・・。
まあ当面は無所属で議員生活を続けるのであろうが、精神的なバックボーンを持たない彼女の辿り着く先は何か見えてくるような気がする。
posted by ぐんぐん at 18:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。