2010年08月08日

菅さんにはがっかり

 久々に更新します。体調がしっくりこないせいか、筆ならぬキーが叩けません。
新聞もまともに読めない日が続いています。店は忙しくないのに新聞も読めないくらいです。
変なこの頃です。
 さて地元紙でも赤旗でも書かれていましたが、菅さんが平和記念式典に出席後の記者会見で、
「核抑止力は必要」と述べたそうな。まるで二枚舌ではないか。
世界はようやく核からの解放を願い、その実現に歩み出したところなのに、
世界の世論はもとより、被爆者の心を踏みにじる発言だと思う。
これが、世界で初めての被爆国のリーダーの言うことかと呆れてしまう。
 地元紙でも核の抑止力の非現実的なことを特集で組んでいた。とても踏み込んだ立派な主張だったが、肝心な日本の首相がこんな発言をするのだから被爆者はたまったものじゃない。
菅さんは本当はリベラリストでも何でもないような気がしてきた。夢だった総理大臣になったとたん、無責任な驚くような発言が飛び出してくる。
 国の安全が核によって守られているなんて本気で思っているのなら、記念式典などに来て欲しくはない。
菅さんの事だから、深くは考えて発言はしていないのであろう。
思いつきや前例や無責任な発言に終始している。自公政権と何ら変わりはないことを意味している。今までの総理も酷かったが、一見民主的なような雰囲気をもつ菅さんはもっとこれまでの首相より始末が悪い。イラ菅ならぬダメ菅だ。全く信用がならぬ首相に成り下がったものだと思う。ハムレットに「ブルータスお前もか」というセリフがあるが、「菅さんお前もか」と言いたい。
明日は長崎だが、もし行くならもうそんなセリフは聞きたくないものである。
posted by ぐんぐん at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。