2010年09月27日

ややこしいことに

 尖閣諸島沖の日本巡視船と中国魚船衝突事件が思わぬ事態を引き起こしている。
那覇地検が船長を釈放しても、中国側は日本に対して謝罪と賠償金を請求してきた。
日本人側からすれば、釈放もしゃくなのに賠償金とは何事かと怒るのも無理はない。国内でも議論百出だが、あの自民党でさえ弱腰外交と揶揄している。元もと弱腰外交は自民党の専売特許だったはずなのに野党とは便利が良いものだと思う。そんな国内でもめているどころではないはずだ。
気の早いお客さんは中国と戦争になるのではと心配していたが、「絶対そんなことにはならない」と言っておいた。中国は日本はお得意様であり、日本なくしては経済が持たない。日本も同じだ。どれだけの企業が中国に進出していることか。お互い持ちつ持たれつの関係である。
 しかし中国は強気である。尖閣諸島の領有権は日本に有ると思われるが、それが確かならどこか落としどころが有るはずである。何故こんなに強気でいられるものか、逆に中国を心配してしまう。
 お金が全てと今の中国は思っている節がある。20年前の日本を見るようだ。お金をかさにして、世界中の物や魂まで買いあさった。そのツケがいつかやってくる。日本が良い例だが、今のところ中国は国民を上手く操縦しているが、事はそう簡単ではなくなってくる。国民が暴走をはじめてくる。中国でも最早制御できない部分が出てきている。
ましてや領有権の問題である。国際的に認められなかったら中国は国民に対してどう対処するのであろうか。
こうなれば日本も国際社会と国際法に照らして第三者に決めて貰う段階に来ているのではないか。相手の動向を探る段階は過ぎてしまったと思う。
posted by ぐんぐん at 19:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。