2010年10月04日

年収200万以下か!

 いやはや世の中色んな事がありすぎるし、起きすぎる。
しかしお金が万能ではないが、必要な物である。赤旗に年収200万以下の人が4人に1人だと書かれてあった。当然ながら私もその中に入るわけで、09年1100万人にもなるという。言わばワーキングプアーと言われる人になるわけだ。
 記事によると、ワーキンプアー層の増加が目立ち始めたのは99年に労働者派遣法が改定されてからとある。自民、公明、民主、自由、社民の各党は法案に賛成し、反対したのは日本共産党だけだった。
04年には製造業にも解禁され、さすがこれには民主、自由、社民も反対に廻った。
その後はご承知の通りで、右肩上がりに年収200万以下の国民が増加した。この調子だとまだまだ200万以下の人はまだまだ増加するであろう。
このことをこの階層を作り出した政治家たちはどう考えているのだろうか。大企業はこれで大儲け。年収2000万以上の言わば富裕層は増加した。それならその部類に入れば良いではないかと言うが、そう簡単に入れるわけない。人は一生懸命働けばそれなりの収入が得られるのがまともな世の中であろう。お金儲けよりもっと大切な物や事が沢山あるが、まともに働いてもワーキングプアーどころか、住む家も確保来なくなってしまう。昔から世の中そう簡単ではないが、働くのにまともの生活が出来ないのはどうも納得ができない。そんな世の中を作ったのは一体誰なのであろうか。自民、公明他各党の責任は重いが、それらの人に投票した人の責任はもっとあるのではないかと思う。私も人に責任転嫁は良くはないが、今回の参議院選挙で「みんなの党」の躍進もその延長上にあるのではないかと思う。「みんなの党」が一体何をしたし、やったというのであろうか。それなのにあんなに票が取れるなんて我が眼を疑った。
 やはり国民が目覚めないとこんなことが繰りかえされる。消費税が上がったって、福祉や国民生活が楽になるわけがない。この20年が証明している。大企業批判だって、ちゃんと理由があるのに、耳を貸さない国民がいるのも確かだ。
 私は自営業なのでワーキングプアーは自己責任だが、ちゃんと働いているのに年収200万以下はどう考えてもおかしい。
posted by ぐんぐん at 20:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。