2010年10月25日

またも民主党負けた

 政治問題はもう書きたくないが、私たちの国のことだから仕方がない。思わざるにはならない。
昨日北海道5区衆議院補選があった。有ったこと自体私は知らなかったのだが、結果は自民・町村氏の圧勝での当選、民主の新人中前氏と30万票の差だった。
 今年の参議院選に続ての敗戦だが、国民の民主離れは雪崩をうったようだ。昨日、毎月例会の飲み会があったのだが、そこでも友人が民主党には騙されたと言っていた。彼はノンポリではないが、政治にそんなに関心があるほうでもない。その彼が声を大にて言うのだからよっぽど民主に期待をしていたのだろう。
まあ、それはともかく、国民の民主離れは単なる補選で負けたという話ではなくなった。自民の谷垣代表が言っているが、全くその通りである。しかし自民もそっくりそのままその言葉を返してあげたい。
金権体質にしたって、景気対策にしても、尖閣諸島問題でも、安全保障でも自民と同じ事をしているのに民主批判なんてあたらない。
そりゃ、小沢さんの承認喚問は当然するべきだし、金権体質などは自民党などは叩けばいくらでも出ることだろう。元もとこんな世の中にしたのは誰のせいだと思っているのだろうか。安全保障の問題にしても沖縄に全部負担を強いてきたのは自民党だ。民主も自民案に乗ったが、口から出任せで票を勝ち取ったのであるから責任は重大である。景気対策だって国民をここまで追い込んだのは自民他各党がつまらぬ政策を法案化して施策したせいだ。まだまだ書けばきりがない。
しかし政権交代から1年経ったが、民主の政策は当を得てなくて、国民は失望感を増幅した。海の向こうのアメリカでもオバマに対して同じような失望感を感じているようだ。遅々として改革は進んでいない。この国でも全く同じである。それだけ事は深刻であり重大かつ問題は根深い。
 それだけ根深いものが、1年くらいで解決するものではないが、今のままでは国民は納得していない。その加減が民主党はヘタである。また本当の解決を知らないのではあるまいか。
ただ怖いのは国民の自民帰りである。民主のヘタ加減で愛想をつかし、元の黙阿弥では何の為の衆議院選挙だったのか、政権交代だったのかと思わずにはいられない。折角の政権交代で国民の目覚めだと思っていたのだが、そうではなかったのか・・・。
posted by ぐんぐん at 08:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。