2010年11月07日

混迷する日本

 ネット時代に突入するも、まさか危機管理までに発展するとは、長生きするものだ、いや長生きするものではないと思っている方も多いだろう。
昨日から盛んに中国船の衝突映像が、TVにおいて流されているが、かく言う私も、ネット上でその映像をYou toubで確認したのです。結構長々といくつものパーツに分かれていたので、全部は見ていないが、誰かが、どこかでcopyしたのだろうか、サイバーに勝手に入り込んだのだろうか、映像にsengokuとあったのがおかしかった。しかしこの名前を使うのだから、よっぱど頭にきていたのだと推察される。
 ネット社会を認識するのはそれについて誰でも書き込みが出来ることだ。なるほどと思わす書き込みや意味の判らぬのもあるが、大概は今の政権や団体を揶揄したものだ。書くのは勝手とばかり、何だか怖くなるのが多い。
それにしてもこの手の書き込みはあまり関心しない。ほとんどが暴力的で、過激なのが多いのも気になる。政治に関心があると言えばそうなのかもしれないが、一方的すぎる意見も見られ暴走しそうだ。まあ私もそんな気があるから人の事は言えないのだが・・・。
 こうなったのも、やはり民主党、政府の影響だと言える。盛んに自民党などが政府を叩いているが、自分達だって大して変わりはない。しかし今の政府も尖閣諸島のことも中国に対して弱腰と言っていいほどの対応だし、漁船の船長釈放にしても、当事者の役所のせいにして、知らぬ存ぜぬの姿勢だった。
今回のビデオを非公開にした事もこんな事態を引き起こした要因だろう。勿論危機管理の問題はあるが、こんな時代ネット事故などは当たり前だと思う。誰が流出させたかが問題ではない。責任はこんな事態を引き起こす引き金になった政府にあるのだろう。あながち書き込みを非難は出来まい。
 TVドラマの「24」などを観ていると、ネット社会の暴走があからさまになっている。あれはドラマではかたづけられない内容である。このビデオ流出もサイバーに侵入したことも考えられる。誰かがこっそりコピーしたなんて怖くて出来ない。もしそれが出来たなら、それこそ危機管理を問われかねない。
 どちらにしろこんな事で簡単に人や政府の信用がなくなってしまう世の中に突入していることは確かだ。時代は一昔ではなく確実に進歩ではなく、不確かな時代に入り込んでいる。日本の政府、政治家もちゃんと対応しないとどんどん国民は政治から乖離してゆくだろう。この事件が一つのきっかけとなるだろうと推察する。

posted by ぐんぐん at 06:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。