2010年11月16日

広島県知事は・・・!

 広島県知事はTPPに賛成を表明した。彼が言うには広島県は貿易立県だから、賛成だという。
果たしてそうだろうか。確かに日本は貿易で利益を得ている所はあるが、それが全てではないし、貿易だけが、日本の生き残る道ではないはずだ。これまで貿易大企業は関税が掛かっても法外な利益を上げてきたし、日本もそれに大して減免免税処置などもしてきた。
TPPのよってもっと多くの利益を上げようとしているが、ご存じのように農業などは壊滅的な打撃になるようだ。TPPのメリット、デメリットが盛んに問われているが、そんな問題より税金がかからない物などまともではないと思う。物を作るにあたって価値が出来て、それを売ることによってそのものに相応しい価値が決まり、、国民の為に使われる税金が産まれると思う。このまま行くと税金が0なら、利益に対しても税金がかからないように最後には要求されるように危惧する。実際、世界では税金がかからない国も現れた。それがまともな民主国家と言えるだろうか。
 物事、安ければいいものではないはずだ。安全で安心できるものを口にしたいし、受け入れたい。関税0だと、より安い物が売れ、そんな安全性など無視されてしまうであろう。関税は単なる自国の利益だけでなく、全ての面の安全弁となっていると思う。
 広島の県知事の言うことは判るが、メリットを優先することによって、潰れたりする者が現れる事には賛成しかねる。どちらを優先することではなく、双方が並び立たねばならないといけないと思う。TPPはあらゆる面におけて、あまりにも大きな損失が待っているような気がする。古今東西、何にせよ、こんなに反対されて上手くいった例はない。もし日本がそれに巻き込まれたなら大きな失敗があるだろう。
 ちょっと暴言だが、財界の要望していることは今までろくなことがないではないか。今までの歴史が証明している。
posted by ぐんぐん at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。