2010年11月28日

負の連鎖はもうまっぴら!

 えらいことが隣の国で起きている。勿論、北朝鮮の砲撃だが、ここまで来ると事件どころではない。まさに準戦時体制と呼んでいい。何でこんなことをするのか、色々論議されているが、どれも当たっているよう怖い。
しかし、北朝鮮はこんな事をして何の得があるのだろうか。国際社会からの乖離もはなはだしいし、頼みの中国もこれ以上はかばいきれないだろう。とにかく一色触発には違いないし、とても危険な状況に変わりはない。こんな状態でも、米韓合同演習は実行するのであろうか。米韓はそれぞれ言い分はあろうが、このことが、このような蛮行をしでかした要因ではある。演習は北朝鮮のはるか南で行われるらしいが、中国も面白くないようだ。しかしそれと言っても許されることではない。韓国側は死人もでている。北朝鮮側は「米国の敵視政策が引き起こした」とも言える論表も出している。ここまで来れば、水掛け論もいいところだ。何を言っても北朝鮮は自分の有利にしか考えないであろう。
 私の思うに、米韓とも合同演習は控えるべきだ。そのために勝手な言い分の口実を北朝鮮に与えてはいけないと思う。人の家の前で軍事訓練をされては怒るのは当然の成り行きだ。中国だっていい顔はしない。そもそも日本もよく軍事訓練を米国とするが、果たして良いことなのだろうか。
 負の連鎖は限りなく起きてくる。難しいことは私には判らないが、戦争を起こさない、荷担しないと誓った国が、同盟国としても、軍事訓練をすることが許されることなのだろうか。有事が起こらないようにするのが、国の役目である。では一方的に殴られっぱなしなのかと問われるが、究極的にはそうである。しかしそうならない方法が必ずあるはずである。それを見つけ実行するのが、国や政府の責任であろう。
 今、朝鮮半島は緊張に包まれているが、何とか克服して欲しいものである。
posted by ぐんぐん at 21:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。