2010年07月01日

ワールドカップに思う

 日本のワールドカップも惜敗で終えた。当初の予想では私は予選敗退だと思っていたし、まさかの決勝T進出だった。
それはいいのだが、マスコミに流れるのはまるで酔いしれたような国民の賞賛の声である。
確かにワールドカップは凄い力があることは確かだが、今回の応援は国民のこれまで貯まった鬱積の現れのような気がする。
世の中生きていてもあまり良いことは少ないし、丁度そのガス抜きがこれらワールドカップやスポーツだと言うことかも知れない。
それも判るような気もするが、スポーツがプロパバンガに利用される一因なのだろう。
先日観た映画「インビクタス」でもその辺りがよく描けてあったが、スポーツは政治にでも人民操作でも利用されやすいことが証明されている。スポーツの存在そのものが持つ魅力が人の心に響くものを持っていること故だろう。
今回のワールドカップもググッと国民のハートを捉えたに違いないことは確かだが、それゆえ怖い側面も持っている。
どこの国も一緒だが、国民が一つになることは大切な事だが、余りにもナショナリズムが強すぎ、勝つことばかり強調しすぎてスポーツの枠を超えた戦いになることが往々にしてある。
今回でも、ワールドカップ以前、岡田監督の家族に嫌がれをしたり危害があったと報道されていた。情けない話だ。それと本来のナショナリズムは全く関係ない話だが、昔はスポーツを国威発揚とか権力の道具に使っていた時代もあった。
今の若者はそれほど単純ではないが、今回の決勝Tに向けての激励や応援の声は少々引っかかるものがある。昔の戦争に突入した国民の姿となんとなく似ているような気がするのは考えすぎだろうか。
 折しも選挙まっただ中だ。ワールドカップと同じくらい国民も燃えて欲しいものである。
posted by ぐんぐん at 10:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

参議院選挙が始まった

 参議院選、さて民主党が過半数を取れるかに注目が集まっているが、ようするにこの9ヶ月の民主党の政策をどう有権者が評価したかにかかっているだろう。良くやったのか、期待ほどになかったのか、ダメと評価するのか、それぞれ評価は違うだろう。
 総理が代わり、民主党もちょっとは息を吹き返した感もあるが、中身の政策は前政権と全く変わりがない。いや消費税増税を持ち出しただけ悪くなった。これまでの民主党の政策の悪さを書けばきりがないが、一番の酷さは、普天間の移設問題であろう。アメリカべったりの正に軍事同盟さながらにアメリカ言いなりの政策を決定した。菅も右にならえと同調した。これでは沖縄はこれまで何を闘っていたのか判らなくなってしまった。何を信じれば良いのか正に裏切られた格好だ。政策の失敗も多々あった。別にしなくても良い施策も多くあったし、赤字国債も益々増大。暮らしに直結する問題を先にすべきなのに先送りしたし、これで生活が良くなるのかと不安を募らせた。果たしてこれで選挙を闘えるのであろうか。
 私は民主党の支持者ではないから民主が勝とうが負けようがどうでも良いが、せっかく国民が今までの政治ではいけないと先の衆議院で審判を下したのだが、この有様では落胆のほうが大きい。政治に対して失望するのが怖い気がする。
 本当に日本を変えるならどの党が良いのか、真剣に考える時期に来ている。今がその時であろう。私は日本共産党の支持者だが、このたび参議院選にのぞむ日本共産党の政策集を読んだ。日本の抱えている問題やこれからの展望がしっかり書かれてあった。決して大企業やアメリカを眼のかたきにしているのではなく、正常な友好な関係を作っていこうとしているだけだ。これまでそうなっていないから問題が生じてきている。そこを正したいだけである。
いままでのようないい加減な、付け焼き刃のような政治では事は成り立たなくなっている。これまでの政治がそうさせているのだと思う。事がここまで進むと民主党のような姿勢では自民と同じ結果に帰するであろう。菅さんも原点に戻って政治をしないと何のために政治家になったのか、判らないような結果しか待っていないような気がする。とにかく本当に日本を変えなくてはダメになってしまう。今度の参議院選もその一つの選択肢であろう。
posted by ぐんぐん at 06:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

冗談じゃねぇ!

  菅総理、バカと違うか!とんでもない総理だ。消費税10%を口にしだした。
あの鳩山さんでも、それなりにはばかって言動していたのに、総理になったとたんに値上げを検討するときた。民主党内でも概ね賛成らしいが、ますます内需拡大どころか、消費は冷えてしまう。
お客さんにに聞いても、10%はきついと言っている。たとえその消費税を福祉に当てたって到底足りはしない。足りないからもっと消費税を上げろという議論になってしまう。そもそも増税は財界からの要望だ。自分たちは優遇税制やよりもどし税で困りはしない。それに大企業は法人税も下げろと言うし、その方向で話は進んでいる。一体どちらを向いて政治をしているのであろうか。これでは自民党政治と変わりはしない。いや期待を持たせただけもっと悪い。財界の米倉会長は大喜びでインタビューを受けていた。
 果たして日本の国民はどう思っているのだろうか。財政難だから仕方がないと思っているのだろうか。そうならとんでもないお目出度い人たちである。では消費税が導入されて少しでも福祉が良くなったか?断然悪くなった。少子高齢化だといっては福祉予算は削られていった。それでも民主党に票を入れるならその人の気が知れない。
  菅さんは何の為に総理になったのか。歴史が証明してくれる。もしそのまま増税になれば悪名で歴史に名を残すであろう。
posted by ぐんぐん at 07:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

凄かった!カメルーンの猛攻

  日本の勝利は嬉しいけど、サッカーのことは詳しくない私でも、あの後半カメルーンの攻撃には眼を剥いた。特にロスタイムの4分間は日本チームは生きた心地もしなかったのではないかと思う。
しかし日本チームのキーパーのファインセーブやデフェンダーの体を張った守りやボールに対する集中力は凄かった。私はこれほどサッカーに対する面白さや怖さを見た覚えはなかった。あの江夏の日本シリーズの時の21球に匹敵する恐怖心と興奮だった。
あれで、日本も真のワールドカップの怖さと、また自身のサッカーの対して自信を貰ったと思う。それほど世界での1勝の重みを感じられた勝利だと言える。観ている私たちも勝つとはこんなに難しい事かを思い知る。
  確かに守りは良かったと思うが、世界クラスだと日本のサッカーはまるでまだ小学生のようだ。それでも組織で何とか勝てる所まで行けるが、それ以上は今のままでは無理なような気がする。
確かに11人でする団体競技だが、ボールを持てばたちまち個人競技に変わってしまう。そんなこと当たり前だが、組織サッカーは一人が狂ってしまえば、たちまち破綻してしまう危険性が潜んでいる。個人競技では劣ってしまう日本人にはこの形だ一番良いし、似合っているのだと思うから、あのフランス人のトルシエ監督もその道を選んだのだろう。だから1次予選を突破したのだと思うのだが、ブラジル人のジーコ監督は個人の特性を尊重して全敗した。そのレベルまで日本は達していなかったのだと言える。
  しかし、先日のサッカーは後半カメルーンは守りを上げて怒濤の攻撃を仕掛けてきた。まるで日本チームは攻撃のきっかけさえも掴めなかった。
その辺りが組織サッカーの限界が見えたような気がする。
明日はいよいよオランダ戦だ。日本のチームがどう戦うかは、見えるような気がするが、想像力豊かな意外性のある闘いを望む。ボクシングでも意外性のあるボクサーが意外と勝つ可能性が秘めている。相手が面食らうようなサッカーを見せて欲しいものである。
posted by ぐんぐん at 07:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

果たして、大丈夫なのか

  菅新首相が就任して早1週間、この人で日本の舵取りは大丈夫なのかと心配する。
所信就任演説を聴いていても日本で経済や福祉が良くなる風には聞こえなかった。
そりゃ、財界とも仲良くはしないといけないであろうが、今までその方針で来て日本が良くなってきたのであろうか。答えはNOであった。
日本経済は疲弊し、労働賃金は下がり、巷に働き口の無い人が溢れかえった。結局、内需と言いながらまたもや輸出頼みで、これまでの反省も見られない。
  福祉と言っても抜本的な改革は語られず、ちょちょっと手直しされるだけだ。就任から1週間で超党派で消費税増税論議をしようとしている。自民も巻き込んで増税はみんなの意見だと言って、民主だけでやったのではないと言いたげだ。
普天間問題でもそのままだ。沖縄の気持ちを考えれば、そんな答えは出てこないはずだ。結局、本当に首のすげ替えで今までの総理と何ら変わりはないように思えた。
  少なくとも、市川房枝の弟子だったのなら、もう少し骨のあるところを見せて欲しいものだ。せっかく総理に登り詰めて、やることは旧態依然としている。本当にこの人はこれからの日本をどうしたいのかビジョンを持っているのだろうかと疑問だ。 
 国民の期待が大きく支持率はV字回復したようだが、半年も経てば、今の内閣のやり方に疑問が生じて、支持率もじわじわ下がるであろう。
そもそもV字回復が怪しい。国民はまたも裏切られるのかと心配になってくる。中身は同じなのにお金の問題が大きな原因だろうが、いずれ菅総理の行動で判ってくるであろう。
  私は病気になって日本の社会保障の脆弱さを身にもって体験している。
今の日本で頼りになるのは、自分の家族と身の回りの人たちだ。その関係が保てなかったら、即身の破滅であろう。そんな危うい社会だと思う。
菅さんは厚生大臣の時に薬害エイズ問題で名をはせたが、日本の国政を任される人とは到底思えない気になっている。そんな演説だった。
posted by ぐんぐん at 07:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

さて、お手並み拝見

  と言う風な傍観主義ではいけないが、菅新首相になってどう政治が変わるであろうか見物である。菅さんは首相に指名されて本当に嬉しそうだった。本当に天下をとった気持ちだったであろう。若いときからそれが目標だったようだから、本当に政治のトップに上り詰めたのだから、本懐だったであろう。
  しかし喜んでばかりはいられない。これから死にたくなるよど苦労するであろう。余りにも問題が山積されている。しかし彼だから成し遂げられることも沢山あるだろう。金権とは縁がなかった男だと思うが、それ故出来ることもあるだろう。私はそれに期待するが、民主党内部でも色々雑音が聞こえて来る。まるで自民党の内部抗争のようなことも見えてくる。そんなことでこの内閣がつぶれて欲しくはない。民主党内部が変わらないとまたもや短期内閣で終わってしまう。
 これまではお坊ちゃま内閣だったが、真の草の根内閣の誕生であって欲しい。そうでないと日本は政治には関心がなくなってしまう、瀬戸際だと思う。菅さんもそれは感じているだろう。自分で悪い流れをくい止めなければと思っているだろう。それには消費税を上げてはいけないし、大企業と対等に物が言えないとならないし、米軍の基地一つくらいは無くして欲しい。医療問題もあるし、教育問題も山積みだ。勿論景気を上げないといけない。書けばきりがないくらいだが、一番しなければならないのが、国民の暮らしの問題だ。ちゃんと働く場所を確保して欲しい。まともに働けばまともな生活が保証されるような社会を構築して欲しい。物をあげます、お金をあげますではなく、ちゃんと働く意識を持たせて欲しいだけだ。そうすれば社会への参画も日本人もおのずと持つであろう。誰もがちゃんと働ける、暮らしができる社会が欲しいだけだと思う。
  これまでのお坊ちゃま内閣とは一線を画して欲しいのだが、本当に大丈夫かな、菅新首相は・・・・。
posted by ぐんぐん at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。